知識ゼロからのアフィリエイト基礎講座 第五回目 外注を雇用し、仕組みを構築する

スクリーンショット 2016-03-17 17.01.20
 

この記事の所要時間: 93

こんにちは、細野です。

 

前回の記事で、資産型トレンドアフィリエイトサイトを作る上で、

オールドドメイン、外注化、SEO対策済テンプレートを使うことで

結果が出るまでの速度やモチベーションのブレをヘッジする話をしました。

 

アフィリエイトを継続していく上で一番ネックとなるのが

記事作成やサイトの管理に意志力を奪われて

ビジネスのスピードが鈍化することです。

 

ビジネスのパフォーマンスを改善するためには

ボトルネックになっている所を発見し

それを改善することが最も効果が出ます。

 

ですので、記事が書けない、

書いた記事をサイトに投稿するのに時間がかかる、

ドメインの力が上がってくるまでの期間といったボトルネックは

最初から排除してしまおうと言うのが僕の提案なわけです。

 

ただ、オールドドメインやSEOテンプレートは

テクニックなので、やり方を知ったらすぐに実践できますが

外注化はやり方がわかっても実践できない人が多いので、

今回はアフィリエイトの外注化についてコツを伝授したいと思います。

 

組織化をする上で最も大切なこと

 

外注を雇って自分のビジネスを回すということは、

仕組み化をすることであり、

個人ではなく組織での活動にシフトをしていくことなります。

 

自分一人でやっている時は、何から何まで全てを自分で管理していましたが、

人を雇うという事は、その人に自分が担当していた仕事を任せていくこと。

 

その時に大切なのは、作業の分解と教育のシステム化です。

 

順を追って説明をしていきます。

 

外注を雇おうと思うと、何から何までやってくれる人を一人雇いたくなります。

 

多くの人を管理するよりも1対1でやりとりをするほうが楽ですからね。

 

しかし外注さんをたくさん雇ってみてわかったことは、

複数のことを管理できる人はそもそも外注さんにならず

自分でビジネスをするという事です。

 

そうですよね。

 

自分で複数のことを考えたり、戦略を練ることが出来るなら

起業をしたほうがいいに決まってます。

 

会社で働く人がなぜいるのか?

 

その会社に属さないと出来ない仕事があるから、

自分でビジネスモデルを作って活動をする自信がないからです。

 

そうでなければ誰もが起業をしているはずです。

 

僕らはこれから一人の経営者として

外注さんに対して接する立場になります。

 

その時に大事なことは相手の立場や気持ちを理解すること。

 

僕らは全部自分でこなすし、それを特別なことだと思いませんが、

外注さんからしたら簡単な作業でもなかなか思うように出来ないものなんです。

 

だからこそ作業はシンプルに、指示は明確に、

研修も動画やマニュアルを作ってルーチン化することで

スムーズに相手が仕事に着手できる体制を作ることがとても大切です。

 

じゃあ作業のシンプル化って具体的にどういうことなのか?

 

ここからさらに掘り下げて解説をしていきます。

 

作業の分解とは具体的にどういう事なのか?

 

アフィリエイトに限らず、人に仕事を割り当てる時は、

一人一分野という割当を意識して下さい。

 

記事を書く人なら記事を書くことに特化、

サイトに記事を投稿するなら投稿することだけを任せる。

 

こうすることで、指示を出す側も出される側も

一つのことに集中ができ、作業のスピードや質にムラが出なくなります。

 

作業を分解するためには、ノートに自分がやっている作業を

ステップバイステップで端折らずに丁寧に書き出すといいでしょう。

 

そして、作業を書き出し終えたらグルーピングをやっていきます。

 

記事を書き出す作業というグループ、

書いた記事をサイトに投稿するというグループ、

これ以外にも任せたい作業があるならグルーピングをやっていきましょう。

 

それが出来たらグループ分けをした仕事の募集を

人材仲介サイトに掲載をしていきます。

 

求人を募集できるサイトについて

 

求人は主にインターネットに掲載をしていきます。

 

オフラインで求人を出してもいいのですが、インターネットで不特定多数の人に募集をかけたほうが効率が良いです。

 

その理由として、例えば地方では仕事がなく、

在宅で出来る仕事が大変重宝されるという現実があります。

 

東京であれば在宅勤務が認められていたり、

週に数回出勤すれば後はどこで仕事をしてもいいなど

柔軟な働き方が認められている職場もあります。

 

しかし地方に行けばそもそも仕事が無い、

あっても在宅なんてまず認められない。

 

これが現実なわけです。

 

そして結婚を機に職場を退職したり、

子供を産んで職場復帰が難しくなった人は

在宅で出来る仕事を求めています。

 

さらに、単発の仕事ではなく

継続でそれこそ数ヶ月、数年単位で出来る仕事を求めてくれているんですね。

 

まさに僕らが仕事をお願いしたい人材なわけです。

 

こういった方を対象に仕事を募集していきます。

 

女性で結婚をされていて、在宅出なければ仕事が出来ない方ですね。

 

募集をかけるサイトは色いろあるのですが、

女性をターゲットにしたサイトのほうが人を集めやすいです。

 

そりゃあそうです。

色口の段階で在宅の仕事を探している女性をターゲットにしているわけですから。

 

ただ、一部の仕事は女性でなくてもこなすことが出来るので、

あまり子育て中の主婦にターゲットを絞り込みすぎなくても良いです。

 

僕は外注さんを今まで300人以上は雇ってきましたが、

男性よりも女性のほうが粘り強く働きますね。

 

飲み込みも早い方が多いです。

 

やはり男性は飽き性というか、

もっと楽で簡単な仕事があるとそちらにすぐに浮気をしてしまうようですw

 

ただ男性でも仕事が少ないエリアに住んでいる方は

真剣に仕事を探されていて、まじめに取り組んでくれていますよ。

 

僕の外注さんは9割が女性ですが、最近は男性の外注さんを一人雇いました。

 

最初は仕事が雑でしたが、改善点を伝えたらどんどん良くなり、

現在ではライターさんが書いた記事をサイトに投稿する要スタッフとして活躍してくれています。

 

僕は現在こんな感じで複数人の外注さんを仕事別に雇用しています。

 

僕が外注さんを雇うのに使ったサイトは、

クラウドワークス、ウーマンアンドクラウド、シュフティ、ランサーズ、ジモティー、indeedの6つです。

 

この6つに同時に求人を出し、

様々なサイトから集めた人を教育して戦力化しました。

 

外注を雇う時の鉄板の流れ

 

外注さんと言っても、きちんと仕事をしてくれる人から、

連絡が来なくなる人、途中で仕事を放棄する人など色々います。

 

こちらとしても仕事をコンスタントにこなしてくれる方に時間を割いてやっていきたいですよね。

 

そうしないと、辞める外注に時間を取られて、なんのために仕事を任せているのかわからなくなってしまいますから。

 

じゃあどうすればそういう地雷外注を避けられるかというと、

試験をするというのが一つの方法です。

 

試験をすることで相手の本気度、

仕事に対するスタンスやスピードを測れるというわけです。

 

試験をする際のポイント

 

じゃあ試験をする際にどういう所を注意すればいいかというと、

提出の起源をまずはつけるという事。

 

期限をつけることで人間はその日までに終わらせなければいけないんだという

危機感を持つことが出来ます。

 

試験では実際に任せる仕事と同じ作業をいくつか割り当てて

相手の理解力や仕事のスピード、質を見ていきます。

 

最初の間は、どれがいい外注でどれがダメな外注なのかわからないと思いますが、

10人、20人とやり取りしていると、明らかにダメな人は最初からわかります。

 

具体的には自己紹介や作業できる時間を書いてこない、

自己PRが1行程度で適当に作ったのがバレバレな人。

 

こういった人は要注意です。

 

あと僕が試験をしていて思ったのは

マニュアルに書いてあることが出来なくてすぐに質問してくる人。

 

こういうのも全部弾いています。

 

マニュアルの出来が悪くて作業が出来ないならこちらの非なのですが

他の人ができているのにその人だけ出来ないというのはあり得ないわけです。

 

こちらの言ったことを聞かずに勝手に行動をする人の可能性があるため

きちんと読んでいない、理解力や読解力がない人は僕は雇わないようにしています。

 

このように事前に試験をすることで手間暇はかかってしまうのですが、

手間がかかる分雇った後も仕事をしっかりやってくれる人材を確保することが出来ます。

 

優秀な人材には定期的に報酬単価を上げたり、

ボーナス(お中元、お歳暮、旅行券を僕はプレゼントしています)を支給することで

長く働ければ働くほど得なんだと外注さんに思ってもらえます。

 

そして普段はメールやチャットワークなどで密に連絡を取ることで

細かい指示や修正点を伝えていく。

 

後はこの繰り返しですね。

 

ノウハウが正しければ継続と作業量を増やしていくことで結果はついてきます。

 

まさにサイトアフィリエイトと相性抜群だなって思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は外注さんを雇うときに知ってないとまずいこと、

具体的な対策やテクニックについて解説をしました。

 

外注化が出来るか出来ないかは仕組みを作る上でとても大切な事なので

すぐに取り入れて実践をしていきましょう。

 

次の記事では被リンクについて解説をします。

被リンクはいらないという人も最近は増えてきましたが、

ないよりはあったほうがいいです。

 

ただ被リンクなら何でもいいというわけではないので、

僕が実践して効果があった被リンク方法を紹介していきたいと思います。

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す