快適に稼ぐことを重視してレンタルサーバーを選ぶとこうなる。安さよりも使いやすさが重要

スクリーンショット 2016-03-02 12.24.33
 

この記事の所要時間: 333

 

こんにちは、今回はサーバー選びについて語ります。

 

サーバー選び。

 

これは最初は意味不明だと思うんですが、

結論から言うとXサーバーというのを契約して欲しいんですね。

 

ただ結論からお伝えしても素直に行動できない人もいると思うんで

なぜXサーバーにしないと損をするのかというのを語りたいと思います。

 

情報発信で躓く場所

 

レンタルサーバーは情報発信やアフィリエイトをするために必ず必要なものです。

サーバーを契約し、そこにWordPressというものをインストールすることでコンテンツ発信が出来る様になるんですね。

 

そして細かい所まで小回りが効き、プラグインを入れることで専門知識がなくてもカスタマイズが簡単に出来る。

 

これが自分でHTML組んだり、無料ブログだとこうはいきません。

 

構築だったり、やりたいことをカスタマイズするために専門家の力を借りなければいけない。

 

個人の情報発信だけでなく、例えば店舗集客としてアメブロを使う人がいるけど、

アメブロがそもそも商用利用禁止なわけで

あんなものをメインの集客装置にするなんて正気の沙汰ではない。

 

アメブロの集客って簡単で、ランキング攻略と読者数攻略の2つ。

 

ランキングはお金を払えば上げてくれる業者がいるし、

読者数も手動で属性が一致している人をコツコツ増やしていけばいい。

 

そしてコンテンツは最小限にして、いつ消されてもいい体制を整える。

 

しっかりとした情報発信をするなら、WordPressでサイトを作り、

YouTubeやTwitter、LINE@、リスティング広告などを絡めて複合的に仕組みを作るべきだと僕は思う。

 

それが本当の情報発信であり、集客だと考えます。

 

そしてそれを実現するために、自分でドメインと取得し、

ネット上に情報発信が出来るスペースを構築する必要があります。

 

契約だけならどこもそれほど難しくないが‥

 

レンタルサーバーを契約するだけならどこでやっても作業に大差はないです。

 

基本となる情報を入力していき、銀行振込やクレジットカードで決済するだけです。

 

しかし、問題は実はそこからなのです。

 

サーバーを契約した後はドメインの取得やWordPressのインストール、

FTPの設定など何度も管理画面に入って設定をする必要があります。

 

この管理画面が使いにくいと非常にストレスがたまります。

 

なので管理画面が使いやすいレンタルサーバーと契約をしたほうが

その後無駄な時間を使ってしまったり、

サポートセンターとのやり取りにストレスを感じずに済みます。

 

僕が色々比較した結果、契約後の使いやすさやサポートの良さで

Xサーバーが競合を一歩抜きん出ている印象です。

 

なのではじめてのレンタルサーバーはXサーバーを契約し

使いながら基本を覚えていくことをおすすめします。

 

用途に応じたサーバー選び

 

動画の中でも説明しましたが、用途によっては部分的に格安サーバーを使うことがあります。

 

例えばTwitterブレインを動かす時には、維持費を安くするために

あえて格安サーバーのハッスルサーバーを契約して使います。

 

これ以外にもIP分散と言って、同じサーバーでサイトを管理するよりも

異なるレンタルサーバーを契約して運営をしたほうが安定をするという考え方もあります。

 

僕の場合は運営しているサイトが少ないので

Xサーバー一択で間に合っていますが、

数百個単位でサイト運営をする場合はこういった使い分けも必要になってきます。

 

まあこれぐらいガチでやる人は多少使い勝手が悪くても

器用にやってのけると思うので大丈夫でしょう。

 

Xサーバーの契約はこちらから出来ます。

 


 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す