知識ゼロからのアフィリエイト基礎講座 第三回目 トレンドアフィリから始める

スクリーンショット 2016-03-16 12.04.51
 

この記事の所要時間: 823

前回の記事でアフィリエイトの手法の解説をしました。

 

アフィリエイトには大きく分けて3つがあり、
物販アフィリ、情報商材アフィリ、トレンドアフィリの3つがあるという話でしたね。

 

そして取り組む順番としては、トレンドアフィリから物販アフィリ、
あるいはトレンドアフィリから情報商材アフィリといった具合で、
トレンドアフィリを基軸に伸ばしていくのがいいと考えています。

 

その理由としては、トレンドアフィリを最初にやることで
アフィリエイトで一番大事と言っても過言ではないキーワード選定が学べるからです。

 

キーワード選定は競合が少ないテーマであればそれほど真剣にやらなくても
上位表示が出来てしまいますが、
競合が多いテーマであればしっかり考えて練らないと上位表示は狙えません。

 

なので、トレンドアフィリを実践しながら
このキーワード選定を学びつつ、
サイトを育成するというやり方を身につけることで
その後どのようなテーマでサイトを作っても集客が出来るようになります。

 

実はこのサイトでもトレンドアフィリエイトで学んだキーワード選定を取り入れるようになってから
毎日のアクセス数、メルマガ登録者が増えるようになりました。

 

問い合わせも更新頻度が落ちてもコンスタントに来ています。

 

このようにサイトアフィリエイトを学ぶことで
ビジネスで最初のハードルになる集客を解決していけるようになるので
アフィリエイトをやるなら最初の入口はトレンドアフィリエイトから取り組んで欲しいのです。

 

そして前回の記事では触れませんでしたが、
トレンドアフィリエイトには大きく分けて2種類のやり方があります。

 

今回はその2種類について、それぞれのメリット・デメリットも紹介しながら
掘り下げていきたいと思います。

 

2つのトレンドアフィリエイト

 

トレンドアフィリエイトでは大きく分けて、芸能系などのゴシップニュースを扱うやり方と、

年間を通じて検索され続ける息の長いテーマを扱うやり方の2つがあります。

 

そして年間を通じて検索されるテーマも、

様々なテーマを扱うジャンル非固定型と、一つのテーマに特化をする特化型の2つがあります。

 

それぞれについて解説をしていきます。

 

芸能トレンドのメリット・デメリット

 

まず芸能ゴシップ系ですが、

これを扱うことにより短期間で大きなアクセスを集められるというメリットがあります。

 

言うならば週刊誌が扱っているトレンドネタを

より細かい所まで網羅をして痒いところに手が届く情報として配信をする。

 

そうすることにより、有名人に興味がある人や

ゴシップネタに興味がある人がアクセスをして来ます。

 

トレンドアフィリエイトの収益源は主にグーグルアドセンスなので

アクセス数が多ければ多いほど稼ぐことが出来ます。

 

なぜならばアドセンスのクリック率は総アクセス数の数%程度なので、

少ないアクセスだとクリックがされず収入にはなりにくいからです。

 

ところが1日に数万アクセスを呼べる媒体を作ってしまうと

何も売らずともクリックだけでまとまった収益を生み出すことができるので

販売スキルや教育スキルが必要とされないのですね。

 

DRMでは集客をした後、教育と販売をしなければいけませんが、

トレンドアフィリエイトでは集客だけが出来れば稼ぐことが出来る。

 

そして、集客が学べればそこから先のビジネスでも

大いに有利に展開を狙っていける。

 

単純に稼ぐだけではなくて、このような複合的なメリットが多々あるわけです。

 

そんな芸能トレンドですが、実は致命的な欠陥があります。

 

芸能トレンドをやるべきでない理由

 

それは、長期的に稼げるノウハウではないということです。

 

芸能系のネタを扱うと、高い確率で相手にとって知られたくない情報だったり、

所属事務所に不利益をもたらす情報を広げてしまうため、

広告主や芸能事務所を的に回してしまうのです。

 

記事のネタにされた本人が事務所を通じてサイトにクレームをしてくることもあるし、

サイトに掲載されている広告主に対してクレームがいくこともある。

 

言うならば不祥事を起こしたテレビタレントがテレビに出演した時のようなイメージです。

 

なぜ出演をさせるんだとか、こんなタレントが出演する番組のスポンサーになるななど

テレビ局に対してクレームをする視聴者がいますよね。

 

それと同じことが、サイトを運営する側に対してされるという事です。

 

そうするとどうなるかというと、

 

例えば検索エンジンから登録が抹消され、検索圏外に飛ばされたり

アドセンスのアカウントを止められたりと

アフィリエイト活動そのものが継続できなくなってしまうリスクがあるわけです。

 

僕自身、この芸能トレンドでサイトを圏外に何度も飛ばされ、

アカウントを止められた経験があります。

 

そういった経験があるので

これからトレンドアフィリエイトをやるのであれば

実績作りを短期間でするという目的以外で芸能トレンドをやるのはおすすめしません。

 

現在、芸能トレンドで稼げると言っている人達も

すでに自分たちでは実践をしていなくて

過去に作った実績をてこに集客をしていたりします。

 

なぜ彼らが今現在、芸能トレンドをやっていないかというと

答えは明確でサイトが飛ばされたり

アドセンスがアカウントが止められたからです。

 

なので教える活動に回り

そちらで収益を上げる方向にシフトしているんですね。

 

この事自体は批判をするつもりはありませんし、

実際僕自身も教える活動を現在やっているので気持ちはわかります。

 

ただ僕が芸能トレンドを推奨できない理由は、

短期間でしか稼ぐことが出来ず、

その後も稼ごうと思ったらそれを教える活動(メルマガ)をやるという選択肢しか用意されてないことです。

 

僕は自分でメルマガをやっているのでわかりますが、

メルマガは確かに稼ぐことが出来ます。

 

稼ぐことが出来るし、その数字も大きなものなのですが、

誰でも出来るかというととても疑問なんですね。

 

文章を書くスキル、人を動かすスキル、実績など

数々の要素が満たされていないと

メルマガでしっかりとした結果を、しかも持続的に出すのは難しいと思います。

 

そして誰もが誰も、人の前に出て情報を発したり、

自分を出して表現することに向いているかというと

必ずしもそうとは言えない。

 

表には出来れば出たくない、

目立つのは嫌だという人も多いのではないでしょうか?

他ならぬ僕もそうでした。

 

出来ればインターネット上で実名を出して

活動をしていくなんてことは避けたかったわけです。

 

しかし僕がこういう活動をしないと

いつまでもしょっぱい発信をする人達しか選ぶことが出来ず

まっとうなサービスが成立しなくなるので

僕が表に出て、そういう輩をオーバーウェルムする必要性を感じたわけです。

 

芸能トレンドの致命的な問題がわかった所で

じゃあどうすればいいかという話ですが、

芸能トレンドを扱わない息の長いテーマを扱うサイト運営をやる。

 

これが僕からの提案になります。

 

息の長いトレンドアフィリエイトとは?

 

息の長いテーマというのは前述のとおり、

年間を通じて検索されるテーマです。

 

例えば、「結婚式 ネクタイ」。

 

こういったテーマはこの世に結婚式があるかぎり

未来永劫検索され続けるわけです。

 

そして結婚式は年間を通じて開催されるので

1年中検索をされる。

 

じゃあこういうテーマが100個とか200個あったらどうなるか?

 

毎日何かしらのテーマにアクセスが集まり、

安定的に収益を上げることが出来ますよね。

 

より理想的には365個のテーマが毎日小さな爆発を起こしながら

安定的に収益を集める構造が作れるとベストです。

 

こんな感じで年間を通じて検索をされるテーマでサイトを作ると

一瞬稼げるサイトではなく、1年中稼げるサイトを作ることが出来る。

 

そういうメリットが有るのですが、

当然デメリットもあります。

 

それは、芸能トレンドと比較をすると

サイトの成長速度が遅いということです。

 

息の長いテーマはすぐに検索されるわけではないので

事前に記事を書いておき、自然とSEOが上がるのを待つ形で更新をしていきます。

 

そうすることで書いた時にはサイトが弱くても

そのテーマが検索されるタイミングになれば検索エンジンに登録が終わっていて

上位表示をさせることが出来ますからね。

 

芸能トレンドであれば誰も書いていない事で、

その瞬間に検索されるニーズを満たしてやれば

SEOに関係なくアクセスを呼ぶことが出来ました。

 

しかし年間を通じて検索されるテーマは

すでに書かれている記事があったり、

検索されるニーズも芸能トレンドほどは強くないので

限られたニーズを自分のサイトに呼ぶこむための仕掛けが必要です。

 

そしてその仕掛けというのは事前の仕込みであり、

キーワードの絞り込みなのです。

 

じゃあサイトの成長速度が遅い問題と

このキーワード選定をどうやって解決していけばいいのか?

 

次回の記事でより、掘り下げて解説をしていきたいと思います。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す