レンタル落ち商品のせどり方。CDとVHSのランキングのラインは?

スクリーンショット 2016-02-16 20.20.26
 

この記事の所要時間: 337

こんにちは、細野です。

 

今回はレンタル落ち商品の仕入れについて解説をしていきたいと思います。

 

もはやすっかり忘れ去られた感のある中古転売の中で

さらに太古の昔のノウハウとなりつつある気がするレンタル落ち商品。

 

資金が少ない間は少ない仕入れ資金で高い利益率を出せる穴場ジャンルだったりします。

 

今回はレンタル落ち商品の仕入れ方から、販売時のコツまでを解説していきます。

 

レンタル落ち商品って何?

 

唐突にレンタル落ち商品と言ってもなじみのない人には

イメージすら出来ないと思います。

 

レンタル落ち商品というのは主にツタヤやゲオのようなレンタルショップで

使われていた商品のことです。

 

一定期間を過ぎてレンタル需要が減ってきた商品は

中古商品として売りに出されます。

 

これを仕入れてAmazonで転売するのがレンタル落ち商品のせどり方です。

 

やり方はとても簡単で、KDCでバーコードを読み込むか、

バーコードがない場合はCDやDVDの規格番号、

キーワード検索をして商品の相場を調べていきます。

 

使うアプリはせどりすとです。

 

分析のやり方はモノレートで中古価格を見るだけです。

 

価格差があるかを見て、自分が想定する価格で売れた実績があるかを見る。

これだけです。

 

非常に簡単な作業ゲーとなります。

 

レンタル落ち商品のランキングライン

 

レンタルショップで使われていた商品が売れるなんて全くイメージ出来ないという人もいるかもしれません。

 

しかしやることは他のジャンルと同じだし、

ランキングのラインも同じで大丈夫です。

 

レンタル落ち商品の値付けはお店によってかなり違いがあり、

しょっぱいお店だとめちゃくちゃ高い値段がついていて全然売れていませんw

 

逆に安い値段をつけるお店はレンタル落ち商品に興味があるお客さんがいないのか

全然売れていなかったりします。

 

狙うべきは当然、値段を安くつけてくれる神店舗のほうです。

 

ただし安いということは競合も当然狙ってくる可能性はあるので、

この手法に依存はしないようにしましょう。

あくまでも数ある仕入先の一つという位置づけで扱いましょう。

 

ランクの基準ですが、レンタル落ちの場合もCDであればランク3万までなら安全ライン、

10万ぐらいまでなら多少時間がかかっても売れていきます。

 

10万以下はかなり時間がかかるので、最安値を切り崩して売るなど工夫が必要になってきます。

 

DVDの場合もランクは3万まで、VHSはランク三桁まででないとなかなか売れません。

モノレートの通りなかなかVHSは動いてくれないので、テクニカル指標重視で行くと良いです。

最近はVHSを扱っているお店もめっさり減りましたね。

 

レンタル落ち商品を仕入れた後にやること

 

レンタル落ち商品は仕入れてそのまま転売をしてもいいのですが、

多少手間を掛けてやることで売れる速度が3倍ぐらい早くなります。

 

それは何かというとケース交換と研磨です。

 

レンタル商品として使われていたCDは色んな人に使われてきていて

ケースが白く濁っていたり、割れていることが多いです。

 

このままだとコレクションとして使う上で気分的にも良くないので

外装だけでも新品に交換をすることでだいぶ印象が良くなります。

 

また管理タグとして使われていたシール類は

ジップオイルライターをかけると綺麗に剥がすことが出来ます。

 

これも見栄えに直結をするので取り除くといいでしょう。

 

最後に研磨ですが、これは購入時にすでにやってくれている事が多いです。

(購入時に頼めば盤面を見せてくれたり、確認をするよう言われることもあります。)

盤面を見せてもらい傷が気になるようであれば再度研磨をしてもらいましょう。

 

まとめ

  • レンタル落ち商品の見方は他のジャンルと変わらない
  • 販売する前に一手間加えると良い

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す