中古ゲームせどりで稼ぐコツは?リストは必要?ゲーム機の利益率は?

スクリーンショット 2016-02-15 18.20.41
 

この記事の所要時間: 420

こんにちは、細野です。

 

今回は中古のゲームやゲーム機で稼ぐ方法について

一緒に考えていきたいと思います。

 

実はせどりを教える塾やコンサルの中には

このゲームだけを扱う人もいたりします。

 

それぐらい結果が出しやすいジャンルなんですね。

 

と同時にこれオンリーでやってて頭打ちになる人がいるのも事実です。

 

なので今回は数ある手法の一つとしてどうやってゲームを取り入れていけばいいか?ということについても言及をします。

 

ゲーム機せどりの基本

 

ゲーム機が売れるというのは想像に難しくないと思います。

どれだけダウロード配信が進もうが、スマホゲームが普及しようが、そのゲームを遊ぶ環境というのはなくならないわけです。

 

それどころかゲーム機で出来ることが最近は増えて、ブルーレイが見れたり、動画配信サービスが使えたりするなど、ゲーム機以外としての機能も充実をしてきています。

 

また少し前のゲーム機も安くなったから買ってみようと思う人がいたり、壊れたので二台目を買う人がいたり、友達の家で見て欲しくなって買う人がいたりと、色んな購入動機があるわけです。

 

仕入れられる商品も最新のものではなくて、上記のような動機があるため、古いものでも売れていきます。

 

都心店では数が多すぎて投げ売りしてる商品が、地方ではまだニーズがあって売れたり、都心で在庫が少なくなったものが地方に行くとまだ残っている。

こういった地域差による価格差や需要の差。

これによってせどりが介入できる余地が生まれるわけです。

 

ゲーム機のリサーチ法

 

最初の間は相場観を覚えるために一つ一つ見ていくといいでしょう。

ゲーム機がいいと思うのは数が少ないので、何回やるうちに自然と覚えるということです。

 

新品の場合はそのまま転売すればよいですし、中古品の場合はコメント分ですね。

ここをしっかり書いて購入者さんに状態を伝えていきます。

 

そして販売はAmazonFBA一択でよいです。

ヤフオクで売ることも出来るのですが、高い値段で売れないですし、手間もかかるのでFBAで効率的に販売をしていきます。

 

ゲーム機仕入れにリストは必要?

 

実は僕のコンサルで僕が仕入れているゲーム機のリストとターゲット価格を公開したことがありました。

リストがあれば最初からリサーチの手間が省けて便利かなと思ったのです。

 

ところが蓋を開けてみると皆意外とリストを使わず、ゲーム機も仕入れなかったんですね。

 

話を聞いてみると自分の地域では見つからなかったという答えが返ってきたので、

リストは自分で作って自分の住んでいる地域で利益が出る仕組みを作っていくのが大事だと感じます。

 

いわゆる儲かる商品リストってやつは人から与えてもらうよりも

自分で作っていくほうが資産になります。

 

なんで遠回りに見えるかもしれませんが

一つ一つ自分で調べることで相場観を底上げしたほうがいいでしょう。

 

ゲーム機の利益率とは?

 

ゲーム機は他のカテゴリと異なり手数料が8%なのが魅力です。

単価も高いですが手数料が他のカテゴリより安いので、仕入れがしやすいんですね。

 

最初の間はAmazonのセラーアプリを使ったり、せどリストプレミアムの手数料電卓を使って

手元に残る利益をしっかり計算をしておくと安心です。

 

利益率は物によりますが、低いものであれば10%前後、良いものであれば30%。

中古であれば40%以上出るものも見つかります。

 

慣れてきたら値札見ただけで仕入れができるようになるんで早いですよ。

浮いた時間で他のカテゴリーをせどることでさらに利益は伸びていきます。

 

ゲーム機の回転率

 

ゲームは他のカテゴリと比べて回転は良いです。

仕入れるランクもモノレートを基本は見ればよいですが、

2000位ぐらいまでであればランクを全面信用して問題無いです。

 

適正価格で販売をすればこのラインでならば2週間とかからずに売れていくはずです。

 

回転に関してはゲームカテゴリは全般に良いので、心配する必要はないでしょう。

 

ゲームソフトは売れない?

 

最近はゲームソフトはオンラインでダウンロードが出来るようになっています。

 

入手が難しいと言われていたゲームがダウンロード配信に対応したりと、

ゲームに対する敷居というのはどんどん下がっている。

 

ダウロード配信が普及してもゲーム機に対する需要は減らないけど、

ダウンロード配信が普及すればするほどゲームソフトは売れにくくなるでしょう。

 

これはCDやDVDでも同様のことが起きています。

したがって仕入れ対象の中心にゲームソフトを置くというのは自殺行為だと僕は思います。

 

時代に逆らってもお金は稼げません。

 

まとめ

  • 他のジャンルとやることに大きな違いはない
  • 最初は一つ一つ調べて相場観を作ろう
  • ゲーム機やゲームカテゴリは回転も利益率も申し分ない
  • 他のカテゴリと併用することで安定性さらにアップ
 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す