2016下克上アフィリエイトの有効性。評判と稼げない理由をレビュー

スクリーンショット 2016-02-09 15.50.21
 

この記事の所要時間: 859

こんにちは、細野です。

 

最近になり、僕が昔ビジネスを教えていた人に連絡をとったら、

その人が芸能ブログを書いて稼ぐトレンドアフィリエイトをやっていました。

 

実はこのやり方は僕が今から2年ぐらい前に彼に教えてやり方で

その当時僕はこのやり方を教えて一番稼がせた人で20万円まで行かせた実績があります。

 

ノウハウの基軸となるのが、今から3年ぐらい前に発売された下克上という教材。

ロングセラー教材であり、アフィリエイト教材の中では比較的稼ぎやすいと言われます。

 

実は僕自身サイトアフィリエイトでは色々なやり方を試して挫折をしていて、

その末にたどり着いたのが下克上アフィリエイトでした。

 

そして現在では下克上アフィリエイトではないやり方に切り替えて

結果を出すことが出来るようになったので、

3年ほど色々実践してわかった事を今回はレビューしたいと思います。

 

下克上アフィリエイトの手法まとめ

 

そもそもこの下克上アフィリエイトというのがどういったやり方で稼いでいくのかというのを先ずは解説したいと思います。

 

下克上アフィリエイトでは、アクセスが集まっているキーワードで記事を書いてアクセスを集め、グーグルアドセンスで収益化をします。

 

その際に無料ブログか、ワードプレスで作ったサイトを使い、500文字から800文字程度の記事を投稿していきます。

 

目標とする記事数としては1日3記事から5記事。

 

それらを自分で書いて更新をしていきます。

 

書くテーマはどうしても芸能ネタが多くなります。

なぜかというと大きなアクセスを集めようと思ったら、マスの需要を意識しないといけないからです。

 

下克上アフィリエイトのレビュー記事と、芸能人のスキャンダルネタの2つがあって、

大衆が興味をもつのは芸能人のスキャンダルネタです。

 

なので、どうしてもニッチなネタよりも大衆ウケするネタを狙う必要が、

下克上アフィリエイトのやり方だとあるのです。

 

下克上が抱える致命的な欠陥

 

記事を書く際に芸能ネタに全く興味が無いとかなり苦痛な作業となります。

興味のないテーマで記事を書き続けるのは、口で言う以上に強靭な精神が必要で、

その作業を短くても2ヶ月から3ヶ月以上は続けないといけません。

 

そしてこのやり方が最悪だと思うことは、

芸能人のスキャンダルネタを書くことで、

個人の名誉毀損になるリスクがある事です。

 

確かに芸能ネタを書くことで多くの人をサイトに呼びこむことが出来るのですが、

アクセスが集まって目立つようになると芸能事務所や広告主を敵に回してしまうことになるのです。

 

どういうことかというと、サイトに掲載をする情報は基本的に2ちゃんねるやSNSで集めた二次情報。

その信ぴょう性は大手のメディアが自社で記事者を抱えて取材をさせて書かせたものとは全く異なるものになります。

 

信ぴょう性や信頼性が低い情報を、個人の勝手な解釈で憶測ベースで書いた記事を量産すると、

そのサイトに掲載されている情報は信頼性の薄い情報として評価をされてしまうのです。

 

結果としてどうなるかというと、芸能ネタで記事を書いていくと

半年ほどでサイトにペナルティが課せられて

検索エンジンからアクセスがこない状態にされてしまうのです。

 

また前述のとおり、広告主や芸能事務所にとっても歓迎的でない情報が掲載されるため、

彼らからクレームが入り、アドセンスのアカウントが停止をしたり、

芸能事務所から通告が送られてくることがあります。

 

僕は自分自身でこのやり方をやっていた時に

3回ほどこのペナルティを受けて

ノウハウそのものに欠陥があることを痛感しました。

 

このやり方は稼げるのは事実ですが、

一時的に大きな収益を出してその後ダメになるというノウハウなんです。

 

そして販売者や下克上アフィリエイトを買って稼げるようになったという人たちも

自分達では下克上アフィリエイトのやり方は実践しておらず

教える活動にシフトしたり、

芸能ネタではない特化サイトを作り稼ぐやり方にシフトをしています。

 

これから下克上アフィリエイトを買って実践しようと思ってる人が知るべきこと

 

下克上アフィリエイトに限らず、芸能ネタを書いてアクセスを集めるサイトを運用しようと考えている人は、

自分がそのノウハウを実践して稼ぎたいのか、

それとも実績を作りたいだけなのかを意識して下さい。

 

実績を作りたいだけなら、

(キーワード選定は行った上で)記事量産をしていけば

10万、20万は時間をかけることで到達をします。

 

ただし、その後は高い確率でペナルティを受けるので

このやり方で長く稼ごうと考えないことです。

 

このやり方は短い期間で結果を出して、実績を作ったり、

キーワード選定のやり方を学ぶ教材です。

 

実際僕が過去に入った高額塾でも

最初の実績作りとしてこのやり方をやれと推奨がされていました。

 

その事自体には異論はありませんが、

僕は誰もが教える側に回るべきという風潮には疑問があります。

 

確かに情報発信をしている人が業界の中でも一番稼いでいるし、

僕自身教える側に回ってその恩恵を大きく得ているので

稼ぎたいなら情報発信という主張に間違いはないでしょう。

 

ただそれを誰もが出来るかというと疑問です。

 

最近僕はランディングページを作り、

バナーをサイトに設置をして

メルマガ登録者数が以前よりもたくさん登録されるようになりました。

 

そしてステップメールを作って

それを配信することで

まずは40万から50万の売上を自動で上げようと準備をしています。

 

またYouTubeには2000人を超えるチャンネル登録者数がいて

こちらも多くの人に評価してもらっている状況です。

 

僕が現在の情報発信スタイルに落ち着いたのは

やり方をきちんと教えてくれる人と出会えたからなのですが、

同じ人から学んでいる仲間の多くは

すでにサイトの更新が途絶え、業界から消えてしまった人もたくさんいます。

 

皆、業界トップの人から最新のノウハウを学び、

自分たちは情報発信で成功できると信じていた人達です。

 

手前味噌で恐縮ですが、学校にも会社にも居場所がなくて、

女の子にもモテなかった僕には

ネットビジネスしか選択肢がなかった。

 

学歴も体力も、女を口説く力もない人間が

人並み以上の経済的な成功を手にしてやっていくには

普通に就職して、会社から給料をもらう生活は無理だった。

 

そんな割の合わない勝負をするよりも

学歴や異性にモテる人たちが見向きすらしないインターネットの世界に目を向けて

そこで稼ぐ方法を身につけたり、

自分を発する力を時間をかけてでも学ぶことで生きていける。

 

ずっとそう信じて頑張ってこれました。

 

そして頑張っていたら応援してくれる人が一人、また一人と増えて

今僕はこうやってサイトに記事を書き、

この記事をあなたに読んで頂けている。

 

とても奢った言い方だけど、これは僕だから出来たんだと思います。

 

根性があり、こうしたいというビジョンがあり、

こうするしかなかったという追い込まれ感もあった。

 

途中で辞めていった仲間たちにはそれがなかった。

 

僕は継続をしていたからどんどんいいノウハウも入ってきて

それを実践する過程で仲間も増えて

稼げるようになって日本のトップ5%の仲間入りまで出来た。

 

下克上を実践して、スパムまがいに短期トレンドを追っかければ

実績は作ることが出来るでしょう。

 

でも恐らくその過程で多くの人が挫折をするし、

万一下克上で実績を出せても

その先は茨の道です。

 

検索エンジン、芸能事務所、広告主があなたの敵に回り、

あなたのサイトとアカウントを潰しにかかってきます。

 

あなたは必ず破綻するとわかっている仕組みに

何も悪いことをしてない人たちを巻き込めますか?

 

僕には出来ません。

 

僕は自分を信じてついてきてくれる人に

絶対的な安全と堅実な仕組みだけを提供したいです。

 

 

これは実績作りだから我慢してやれ。

そして実績で来たらそれをまた人に教えて稼げ。

 

下克上で実績を出した人たちが言ってるのは

どこまで行ってもこれです。

 

僕は、時間が多少かかっても

稼ぎが地味に見えても

10年、20年と稼げる仕組みを作っていこう。

 

そして年収が1000万を超えたら

ネットビジネスでの活動はほどほどに

自分が本当にやりたい活動にシフトしていこう。

 

こういうメッセージを持ってやってます。

 

下克上をアフィリエイトしてる人と

同じじゃんって思う人もいるかもしれませんが、

僕の中では明確に違う。

 

そしてこういった背景理由があるからこそ、

下克上アフィリエイトは人にはお勧めできないです。

 

今後レビューを書く、PRIDEという教材のノウハウをベースに、

それを仕組み化して経営者視点でサイト運営をしていく。

 

そういった技術技法を身につけるべきだと提案をします。

 

その際、最短最速でありながら、安定堅実にしていきたいので、

最初からサイトアフィリエイトをやるのではなく、

せどりで仕組みを作ってから、サイトアフィリエイトには参入をするのがおすすめです。

 

こうすれば挫折の確率も極限まで下がるし、

情報発信をせずとも年収1000万を無理なく狙っていけます。

 

会社を辞めることも出来るし、

会社の仕事が楽しいなら続けることも可能です。

 

何も犠牲にすること無く仕組みを作れるのが

僕の提案するビジネススタイルです。

(もちろん環境を作るために投資をしたり、勉強はしないといけません。)

 

今回の記事を読んで、そういうのいいよねって思ったら

僕のメルマガに登録をして下さい。

 

その中で僕が提案する、ホントの意味で堅実で再現性があるビジネスの全貌をお話していきます。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す