週1で断食することにハードルの高さを感じる人へ。味噌汁にキムチを入れて食え

スクリーンショット 2016-01-29 16.36.49
 

この記事の所要時間: 225

こんにちは、細野です。

 

実は昨日から味噌汁にキムチを入れて食べるいう健康法を試しています。

 

発酵食品が体に良いとというのは昔から有名だと思うのですが、僕は納豆が嫌いだし、もずくやオクラもあんま好きじゃないのでハードル高いなって思ってました。

 

でもキムチ鍋は好きだったので、キムチを味噌汁に入れて食べるのだったら実践できるかな?と思い、実験してみました。

 

結果といえば週1で断食したのとほぼ同じ効果がこれをやると得られます。

実践して1日でかなり強力な効果が出るので大丈夫かこれ?と思ってしまうほどです。

 

どういう効果かというと、まず排泄ですね。

これが1日断食と同じぐらい効果が出ます。

 

便秘の人はこのやり方実践するだけで悩みがすぐに解決すると思います。

 

なんでこんなに効果があるかというと、まずキムチに使われる白菜。これには食物繊維が含まれているので、これが排泄をスムーズにしてくれる効果がある。

実際食物繊維のサプリを飲むと一気に排泄が良くなる効果を得られますよね。

あれをサプリを使わずに実現できる。

 

加えて乳酸菌の効果です。

キムチに含まれる乳酸菌は胃の中で消化されずにダイレクトに腸に届く。

 

なので乳酸菌が腸内で直接効いて、毒素を排泄してくれるというわけです。

 

単体でも効果があるキムチですが、これを味噌汁と組み合わせることで、掛け算的な効果が出て、一日断食と同じぐらいの破壊力が発揮されるというのが僕の分析です。

 

排泄がスムーズになると体の中に不純物が貯まらないので、体が軽くなりますし、辛いので体温も上がる。

 

体は冷やすよりも温めたほうが健康には良いので、毎日とまではいかなくても普段の食事レパートリーに追加すると健康に良いと思います。

 

僕はこの味噌汁xキムチとバナナ、野菜ジュース、青汁を平行して使いながら、1日1食で今後は回していきたいと思います。

 

これまでは週1で断食をやっていたんですが、ここまで効果出るならそっちは無理してやらなくてもいいかも。

 

断食は意識上げて集中していかないと続かないですが、これはスーパーに行って食材買ってきて放り込むだけなんで実践のハードルも低いです。

 

食費も安くなりますし、食べ過ぎで眠くなったり、体が重くてやる気がでないという事にもならない。

 

これに運動とサプリを加えるともう最強ですね。

 

消化を良くして、代謝も良くしたら、集中できないとか、モチベーションが起きないとか、だるくて寝ていたいって状況にはらないのです。

 

後は正しいノウハウを定点観測しながら実践していけば結果は出て当然です。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す