携帯転売前のMNPの予約番号発行準備方法まとめ。即日発行が攻略の肝

スクリーンショット 2016-01-22 0.44.53
 

この記事の所要時間: 63

携帯転売をするための回線を用意する時、あるいは寝かせておいた回線からMNPする時にはサポートセンターに電話したり、ユーザーページから手続きをしないといけません。

 

その手続は一度覚えてしまえば簡単なのですが、最初は戸惑うこともあるので、ここでやり方をまとめておきます。

普段の作業はこのMNPの予約番号を発行するのと、新規の回線をBモバイルやOCNモバイルで契約するのと、あとは案件をこなしにお店に行く時のみです。

 

これより作業量が少なくてすぐに結果が出る転売手法はないので、しっかり流れを理解して取り組んでいきましょう。

これ出来ない人は他の輸入だろうが、輸出だろうが、アフィリエイトだろうが何やっても無理だと思うので。

 

ということで、MNPの予約番号発行手順です。

 

docomoでMNPの予約番号を取得する時

docomoでMNPの予約番号を取得する時はサポセンに電話をして、MNPの予約番号発行とオペレーターに伝えます。

 

電話番号は、

0120-800-000

です。

 

docomoの携帯からかける時は151を押して発信すれば繋がります。

 

オペレーターに電話が繋がると個人認証をされるので、自分の住所や生年月日を答えます。

電話の中で、次にどこの会社に乗り換えるのか?とか、乗り換える理由を聞かれることがありますが、まじめに答える必要はありません。

僕は最近場馴れしてきて「答える気はありません」と伝えています。

 

個人認証が終わると解約にかかる料金やルールの説明がありますが、これも毎回聞くのだるいので、最近は「わかってるので予約番号を発行してもらえますか?」と伝えています。

この説明、毎回5分以上だらだら話してくるので聞いてるのかったるいんですよね。

黙って予約番号くれよって感じなのですがw

 

こんな感じで必要なことを淡々と伝えていくと、10分ぐらいで予約番号が取得できます。

その際番号は口頭で伝えられるので、メモとペンを用意しておきましょう。

 

auでMNPの予約番号を取得する時

auの場合もdocomoと作業の流れは一緒です。

 

電話は

0077-75470

です。

 

クソフトバンクでMNPの予約番号を取得する時

SoftBankもauとdocomoと流れは同じです。

 

電話は、

0800-100-5533

です。

 

OCNモバイルでMNPの予約番号を取得する時

OCNを転売用の回線にする時は若干注意が必要です。

OCNモバイルは一部店舗で即日開通が出来ますが、基本的にはAmazonで買って自分で開通手続きをすることになると思います。

なぜならAmazonで購入することで開通の手数料が2000円以上安くなるからです。

これを2回線、3回線とやるとレバが効いてその分利益が膨らみます。

ですからOCNモバイルを使う時というのは店頭ではなく、Amazonで購入して準備をしましょう。

 

その際、開通までに余裕を持たせるために、転売をする当月になったら月の頭になったらAmazonで注文をして2週目に入るまでには開通作業を終わらせておきます。

というのも開通手続きが遅れると当月のMNPが出来なくなることがあるからです。

 

なので作業はだらだらやらずにすぐに終わらせる。

作業速度に自信がない場合は店頭で即日開通を狙いましょう。

店頭での即日開通はOCNモバイルよりもbモバイルがおすすめです。

 

登録手続きが終わるとIDとパスワード、SIMカードが郵送で送られてきます。

SIMカードは使わなくなったら転売できるので、ナノSIMを選んでおきましょう。

白ロムの認証を突破したい人がヤフオクで買ってくれます。

 

本題のMNPの予約番号ですが、電話をするか、マイページから予約発行を依頼します。

予約番号が発行されるとSMSで番号が送られてきます。

ここがOCNめんどくせーなと感じる所でして、SIMフリーかdocomoの端末を一台用意しておく必要がありますね。

それかメインで使ってる端末に定期的にSIMを指してSMSが来てないか確認する。(めんどくさいw)

 

OCNはMNPの予約番号をSMSで送ってくる仕様がなければ、弾を作る業者としてメインで使うんだけど、やや敷居が高いですねー。

 

ただ僕に限って言えば最近はお客さんに売るためのiphoneの在庫が常に3台以上はストックされているので、今後自分はOCNモバイルと後述のbモバイルを併用していこうと考えています。

 

利益も確保しつつ、時間が必要な時はbモバイルを使うというイメージです。

 

bモバイルでMNPの予約番号を取得する時

最短で弾を作る方法は何か?と聞かれたら、bモバイルを使うという答えになります。

携帯転売をしている人の間ではbモバイルを使って弾を仕込むのが基本となっていて、僕も最初教えてくれた人からこのbモバイルを提案されました。

 

bモバイルの何がいいかというと、まずイオンに行くと即日開通(扱っているお店を事前に調べておきます)できる事です。

 

そして自宅に帰ってネットからユーザー登録というのをやるのですが、これもすぐに終わります。

この時注意しないといけないのが、bモバイルのユーザー登録は、通常のユーザー登録とイオン専用の登録の2箇所あるという事です。

 

2つとも登録をすることでユーザー登録が完了し、MNPの予約番号発行を請求できます。

bモバイルは最短だと契約したその日にMNPの予約番号発行が出来て、次の日には予約番号がメールで通知されます。

 

時間がない時はbモバイルを使い、転売に備えるのです。

 

端末を用意できる人はOCNモバイルを使えばいいですが、端末がない人は基本的にはこのbモバイルだけ覚えておけばいいです。

 

使いやすいですし、一度作業を覚えたら2回めからはサクサク出来ます。

 

ユーザー登録する時のメアドは量産するのではなくて、Gメールのプラス機能を使って別のアカウントとして登録するのがおすすめです。

やり方はぐぐってみてください。簡単です。

 

まとめ

以上がMNP予約までの流れと各社でやることです。

 

コールセンターは時間によっては混雑をしていて待たされることもあります。

おすすめは平日の昼間や午前中です。

 

これ以外の時間帯でかける時は、電話が集中することがあるので時間に余裕を持たせましょう。

 

無事にMNPの予約番号が発行出来たらその番号を持って契約に行きます。

 

契約は全て南さんが調整してくれるのでこちらでやることはありません。

 

MNPの予約番号発行はわからない時は難しく見えるのですが、難しい作業は一個もありません。

だらだらやると転売のタイミングを逃して転売が出来なくなるので、サポセンに電話をして向こうの指示に従う。

これを徹底してやっていきましょう。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す