キーワード選定の基本的な考え方

スクリーンショット 2016-01-04 23.18.26
 

この記事の所要時間: 143

 

キーワード選定って難しく感じる人が多いと思うんですが、基本はこの動画で示した考え方だけ知ってれば大丈夫です。

 

需要があるキーワードを調べる → 波形チェック or 検索ボリュームチェック → 需要があることがわかったら関連キーワード掘り下げ → タイトルインをしてタイトルをつける → 記事作成or外注

 

これを繰り返し、記事量産とサイト量産をやっていく。

 

サイトアリフィエイトは基本これだけです。

 

人を使っていかに仕組み化していくか。入口の部分でマーケティングが出来るかで決まります。

 

サイトが育ってきたら自分が言いたいことを発信するだけでも運営が成立しますが、最初はその市場で需要があるキーワードでコンテンツを作り、自分や自分の作ったサイトに帰属する人を増やしていきます。

 

帰属する人(ファン)が増えてきたら、話したいことを発信し、コミュニティ化をしていきます。

 

一度コミュニティ化が出来たら、どんな商品をどのタイミングで売っても嫌がられないので、運営の自由度と安定性が上がります。

(と言っても売るだけでしっかりサポートしなかったり、価値提供しなかったらダメですが。)

 

アフィリエイトの事例で書いていますが、店舗や会社の情報発信でも全く同じです。

動画を作る際も最初は需要ありきで作っていったほうがいいですね。

 

僕も今はやりませんが、パソコンの話とかMVNOの話とか、そういう所から入りました。

今はそういう話ほとんどしないけど、コミュニティ化出来ているので人が新規でも集まるし、全体としての集客が安定をしています。

 

情報発信、アフィリエイトで究極的に目指す所が、自分に帰属する人を増やすという所(依存する人を増やすことではありません)なので、ここを見据えてサイト作り、キーワード選定はやっていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す