PHP7にアップグレード。本当に速度は2倍になったのか?

スクリーンショット 2016-01-04 17.39.33
 

この記事の所要時間: 434

先日プラグインを導入してgtmatrixのスコアを底上げした話を記事にしました。

 

この記事ですね。

 

この記事でやったことはプラグインを導入して高速化を図るというものでした。

 

その後年末に僕が契約しているXサーバーからPHP7対応の連絡が来ていたことを思い出し、これを機にPHPのアップグレードをすることを決意。

 

PHP7の導入方法は?

作業は管理パネル入ってPHPのバージョン切り替えという項目から1クリックで終了。

導入後、表示がおかしくなったり、動かなくなるプログラムがあるかなと思いましたが、今のところ目立った問題は見当たりません。

作業自体は非常に簡単でした。

 

導入後の効果は?

気になる導入後の効果ですが、gtmatrixなどの数値は1割ぐらい上がる程度で、Xサーバーが言うような2倍速いという事実は確認できませんでした。

管理画面へのログインなど、体感できるレベルも2割から3割増し程度。

速くなっているのは感じられるのですが、劇的には速くならない。

 

正直WP Fastest Cache入れた直後のような感動はなかったです。

とはいえ、管理画面の切り替わりが早くなるなど普段の更新をする上で役立つのは間違いないので、PHP7の導入はしたほうがいいです。

 

僕が使っていたバージョン5は切り替えの時にXサーバーから非推奨と指定されているバージョンだったので、色々問題もあったと思います。

バージョン5Xで行くならXサーバーが推奨するバージョンにアップグレードをしたほうがいいでしょう。

 

ワードプレスでサイトの更新管理をやっているとバージョンアップが頻繁に来るのでついつい先延ばしにしてしまうのですが、基本はアップデートをこまめにやって最新の状態にしておいたほうがいいですね。

 

iosやWindows、Macなどもなんだかんだ言って最新版に慣れておいたほうが後々応用が効くのと一緒です。

使い慣れた環境に固執するのではなく、時代の変化に自分も柔軟に対応していく姿勢が大事だと思います。

 

当サイトのgtmatrix計測結果

今回のPHP7導入後の計測結果がこれです。

スクリーンショット 2016-01-04 18.09.58

ページスピードAランク、YSlowスコアはCランク。読み込み速度は3秒台から速い時は2秒台が出ます。

これだけ情報を多く見せているサイトとしてはまずまずの結果だと思います。

欲を言えばページサイズが1MB を超えてしまっているのでこれをもっと減らしたいのですが、難しかったです。

なので当面はこの状態で運営を続けていきます。

 

ページの表示速度表示が2秒下がると戻るボタンを押して帰ってしまう人が2割減るという実験データがあるのですが、PVが上がれば上がるほどページ速度を上げる意義が出てきますね。

LPの成約率を1%上げると少ないリストでも成約数が変わってくるのと同じで、アクセスを集める必要があるトレンドサイトやサイトアフィリエイトのサイトでは高速化の恩恵がダイレクトに効いてきます。

特にアドセンスで運用しているサイトはASPアフィリエイトと異なり、アクセスと広告配置位置で収益が変わりますから、高速化を頑張る意義は高いと思います。

 

アフィリエイトの収入が30万、40万と超えてきたら…

現状の環境で満足しているのでやりませんが、サイトから上がる収益が30万とか40万とか超えてきたら、ソースコードを編集してさらに高速化をする作業をプログラマーに頼もうと思います。

 

Yslowスコアを上げるには自分だけの努力では限界があるので、ページスピードスコアと併せて両方Aスコアになるように、改良を頼みます。

その際全部丸投げするのではなくて、再現できる形でノウハウが残るよう作業報告書を書いてもらい、自分でもそれが実践できるところまでスキルを上げたいです。

 

コテコテのプログラミングと異なり、ちょっとしたソースコードの書き換えぐらいならそれほど習得は難しくないので、スキル化をして、人に教えられるレベルまで持って行きたいと考えています。

 

ワードプレスを学ぶ意義

ワードプレスを使うことで、ブログだけでなくてHPも作れるし、ネットショップも作れます。

僕は今までホームページは作成ソフトを購入して作るのがいいと考えていましたが、ホームページのテンプレートも無料で綺麗なものがたくさんあります。

見せる情報も多くない店舗や企業のHPは静的HTMLで作るのではなくて、ワードプレスで管理するのがいいと思うようになりました。

 

ドメスティックなソフトで作成してしまうと得られる情報や応用性にも限りがあるので、世界標準であるワードプレスを学んだほうが広がりが出ると思います。

今は情報も多いし、やろうと思ったことを簡単に実現できたり、このサイトで使っているような使いやすいテンプレートもたくさんあるので自分で学んでも効率的にスキルアップできます。

僕自身、ベースの部分は教材や人から教えてもらったことを取り入れてやりましたが、最終的には自分で不足している情報を検索し、実験検証し、自分が満足する結果を得られるところまで成長出来ました。

 

なので自分でサイト作ったり、システムをいじるのが苦手だなーって人も時間とお金をかけてじっくり取り組んでいけば出来る様になるはずです。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す