超低資金せどらーための利益率3000%運用術

スクリーンショット 2016-01-10 12.25.27
 

この記事の所要時間: 235

こんにちは、細野です。

今回は資金が100万以下の人のための資金術について考えたいと思います。

せどりというのは基本的には2つしかないと思っていて、
一つが低単価の商品を薄利多売で大量に売り利益を確保するやり方。

もう一つが高単価の商品を扱い、
お金でお金を増やしていくやり方です。

前者が単価1000円以下のものが中心となるのに対し、
後者は10000円以上の商品が中心になっていきます。

低単価のメリットは参入のしやすさと、
失敗した時の損失が限定的というものですが、
競合が多く、扱う商品の値崩れがしやすいという特徴があります。

高単価のメリットは作業量を減らしても
1個あたりの利益が大きいので楽だということです。

その分外した時の失敗も大きいのですが
高単価商品はそれほど値崩れをおこなさないため
実は高単価商品のほうがリスクは少ないです。

理想的な流れとしては最初から高単価の商品を扱い
低リスクな商品を大量に販売していく流れですが、
資金がない人はそれが出来ません。

じゃあどうすればいいかっていうと、
資金が少なくても実践できる錬金術を実践すればいいのです。

いつも言いますが、これはヤフオク、自己アフィリエイト、スマホ転売です。

これは資金が100万すらないなら必ずやって下さい。
これをやらずに資金がないというのは頭がおかしい状態なので
間違ってもやらずに僕に相談をしないことです。

僕からど叱られますからw

そして、この方法で作った数十万と自己資金と本業やアルバイト(深夜バイトをやる)を組み合わせて
リアルタイムで資金を増やしながら
さらに低資本で参入できる戦術を取ります。

具体的には、古紙回収業者、廃品回収業者、法人への営業です。

どのような事をやるかというと、
古紙回収業者には本やCDをキロ単位で買い取るので契約をさせて欲しいと電話をします。

そして廃品回収業者には廃品として引き取った商品を
買い取るので契約をさせて欲しいと電話をします。

最後に法人にはFAXを送り、
貴社が廃棄する書籍を無料で引き取ると営業をします。

これをやることにより
本であれば1冊10円以下、
CDやDVDも1枚50円以下で大量に仕入れが出来るようになります。

そして販売価格も1個1000円とか2000円で売れるものを扱うので
天文学的な利益が出る。

さらに一度仕組みを作ってしまえば向こうから商品が送られてきたり
アルバイトを雇って作業をやらせる事が出来るので
自分が動かずとも利益が上がる仕組みが完成します。

利益率がとても高いので人件費にお金をかけても
十二分に回していくことが出来るんですね。

このやり方を半年もやれば
資金が数百万レベルにまで膨らむので
その段階になったらこのやり方は完全に人に任せるか、
撤退をして高単価仕入れにシフトをしていきます。

大事なことは、資金がないからせどりで稼げないのではなくて
資金を作る努力をしないから稼げない自分がいるという事実に気がつくことです。

この意識が変わらない限りどれだけノウハウを買いあさっても稼げるようにはなりません。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

1 個のコメント

  • ふっさん より:

    はじめまして。ランキングからきました。

    この記事に転売で稼ぐまでのエッセンスが全て入っているような気がしました
    細野さんは戦略を立てるのが好きそうですね。

    僕は転売系ではないですが、思考を真似させていただきます。

  • コメントを残す