電脳せどりのやり方とコツ。仕入先やツールを全網羅して解説

スクリーンショット 2016-01-10 14.12.50
 

この記事の所要時間: 246

こんにちは、細野です。

 

今回は電脳せどりについて、ノウハウを差し上げます。

 

まずは動画を見て下さい

 

3万円ぐらいで買ってきたノウハウを動画にしました。

このやり方を取り入れるだけで今の手法プラス数万は軽いかなーと。

 

稼げたら何か奢って下さいww

 

電脳せどりのメリットしてはやはり在宅でできる事、

パソコンの前に座って確実に売れるものを仕入れできる点です。

 

その反面、利益率がとても悪く、

店舗仕入れの3分の1以下というのが普通です。

 

輸入の世界でも利益率というのは10%前後という方が多いですが、

電脳の世界はこれよりもさらに低い人が普通にいます。

 

そういう人から相談受ける度に、そこまで電脳に固執する必要ってあるのかなぁ?と思います。

 

せどりをやりたくてやってる人なんて1人もいないです。

 

稼ぎたいのか、せどりをやりたいのかがごっちゃになってる人が多いんで、

原点に立ち返って、目的と目標を再度認識しましょう。

 

電脳せどりで月収30万というあまりにも無謀な目標

 

電脳せどりがしょっぱいと思う理由の一つに莫大な資金が必要というのがあります。

 

もちろん年収が高い人の副業で、ビジネスに使える資金が数千万単位である。

こういう人ならありだと思います。

 

しかし冷静に考えてみてください。

 

仮にあなたが電脳せどりで30万稼ぎたいとします。

利益率が10%と言われる電脳の世界でこれを実現しようと思ったらいくらお金が必要ですか?

 

300万円です。

持ってますかこの資金?

 

もし持ってないなら電脳で30万稼ぐというのは難しい目標設定になります。

仮にこれが10万だったとしても100万の資金が必要な計算になります。

 

ちなみにこれが店舗だとハードルは一気に3分の1に下がります。

10万稼ぐのに必要な資金は30万でOKです。

 

そして電脳みたいにパソコンの前に張り付く必要はありません。

 

週に1回か、出来れば2回以上仕入れに行く。

 

んで仕入れの技術を養うために仕入れツアーに行く。

ガッツリ30万とか副業で稼ぐならコンサル受ける。

 

これで達成可能というお気楽なゲームです。

スキルさえ身についてしまえば、そこから先は完全なるマネーゲームでやっていけます。

 

まとめ

 

せどりで稼ぐのって他のどんなジャンルよりも楽です。

そんな頭が良くなくても稼げてしまいます。

 

であるがゆえに、だらだら長く続けてしまう人が多い業界でもあります。

 

僕としてはせどりをやるのは2年から3年程度と決めて、

ある程度まとまった額を稼いだら次のステージに進んで欲しいと思ってます。

 

せどりだけやって人生終わるなんて寂しいですし、

スケールが小さいです。

 

もっと多くの可能性を持って生まれてきたのですから、

せどりが出来るようになったらより難易度の高い世界にチャレンジし、

自分の世界を広げていきましょう。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す