せどりで小遣い稼ぎはもう無理?飽和している?割に合わない?

 

この記事の所要時間: 215

別にせどりに限ったことじゃないんですが
飽和したらどうするんですか?って不安が
どんなビジネスをやっていてもあると思う。

せどりも僕が始めた頃に比べて
誰もが知っている商品や誰でも取れた商品は
仕入れが難しくなってきました。

部分飽和が起きているのをリアルに感じるのです。

ただ誤解しないで欲しいので言っておくと
部分飽和=稼げないというわけではないです。

飽和していく世界でも戦い方というのがあって
年収500万とか600万ぐらいであれば
しっかり技術を磨けば問題なく稼げます。

ただ黎明期と部分飽和が始まった世界では
新規参入時に抑えなければいけないポイントが異なり、
サポートをしてくれる人をつけて参入しないと
かなりの確率で失敗をします。

実際にこのサイトにアクセスしてくる人でも
赤字になってしまう人や、利益の出る商品を見つけられない人、
せどりで稼ぐイメージが描けない人がたくさんいます。

どの人もそれなりに動画を見たり、無料レポート読んだり
勉強をしているのですが
どれだけ情報を得てもそれの使い方がわからなければ意味がありません。

特にせどりの場合は仕入れが出来ないと
他をどれだけ頑張っても稼ぐことが出来ないので
まずは仕入れが出来る様になる必要があります。

そのためには稼いでいる人と一緒に仕入れにいくというのをやりまくり
最短ルートを歩めるようにショートカットをやらなければいけません。

これをやらないと今から参入して稼ぐのは
まず無理なのでそこは覚えておきましょう。

そして仕入れができるようになったら
ジャンルを増やしたり、
仕入れにいくお店を増やします。

店舗仕入れが安定してきたら
ネット仕入れや、卸からの仕入れ、古物市場からの仕入れなど
仕入れを多角化していくことで
ライバルの影響を受けにくい安定的な仕入れ体制が出来るようになります。

中古商品を扱ったり、昔ながらの商品に愛着がある人は
買い取り業務をはじめても良いでしょう。

販路を国内外に伸ばしてもいいでしょう。

輸入や輸出に取り組めばさらに収益を伸ばしていくことが出来ます。

こんな感じで店舗せどりを基軸に広げていけば
稼げないということは有り得ないです。

店舗せどりだけでも余裕ぶちかまして30万、50万と稼げる横で
ネット仕入れや卸、輸入や輸出までやってしまったら
毎月100万ぐらい軽いと思います。

物販以外のジャンルでこんな短期間でコスパよく稼げるジャンルってないと思います。

結論として新規参入とか飽和の影響は心配しなくて良いです。

投資できない人ばっかですし、
ジャンル固定をしていたり、学ばない人ばっかなので
どれだけ増えようが簡単に蹴散らせます。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す