社会人の小遣い稼ぎ。限られた時間でコスパよく稼ぎ、いつでも会社を辞められる力を身に付けろ

スクリーンショット 2016-02-19 20.21.02
 

この記事の所要時間: 30

こんにちは。

この記事では社会人の人がどうやって効率的に稼げばいいかを考えていきます。

 

この社会人というのは
高校を出てすぐに働き始めた人もそうだし、
大学を出て新卒で就職した人、
若手ビジネスマン、
キャリアが長い人など
特にくくりを付けずに考えています。

 

また、仕事は忙しい時もありますが、
土日に休みが取れるぐらいの常識的な忙しさの職場だとします。

 

その上で何をやって本業とは別に収入の柱を作るか?ですが、
僕が提案しているのは在宅で出来る作業と、家から出て効率よく稼ぐ作業の二段構えです。

 

なぜこの二段構えでやっていって欲しいのかというと
在宅で出来る作業は成果が小さかったり、スピードが遅いのに対し、
外に出てやる作業は成果も大きくスピードも速いからです。

 

抵抗がある人も多いかもしれませんが
体を張って稼ぐ作業はなんだかんだで稼ぎやすいです。

地域も選ばないし、何よりも再現性があります。

 

在宅で出来て100万とか200万も無理ではないのですが
成功できる確率としてやはり一握りの人しか出来ないので
それよりもコツコツ努力すればかなりの確率で結果を出せる
在外ワークをやる。

これを推奨します。

 

じゃあ具体的に在宅と在外をどうやって使い分けていくかというと、

在宅
-自己アフィリ
-ヤフオク
-輸入、輸出
-ネット仕入れ(ネットせどり)
-ウェブ制作デザイン

 

在外
-スマホ転売
-せどり
-自分マネタイズ(自分の持ってるスキルを売る)
-セミナー講師

こんな感じで切り分けてやっていきます。

 

いわゆるコテコテのネットビジネスもやるし
スキルが有る人はそれを収益化しつつ
実績を作って報酬単価を上げていきます。

スキルがない人はネットビジネスを集中して頑張り、
それをテコにコンテンツ販売をしたり、
教える活動で収益化をやっていきます。

 

これらをきちんとした指導者を付けて1つずつ取り組めば
年間300万程度であれば数ヶ月のトレーニングで、
年間600万ぐらいであれば半年ぐらい頑張れば
問題なく稼げるようになります。

 

1年間やれば税引き前収益1000万が見えてきます。

 

そんなバカなって思うかもしれませんが
きちんとした指導者をつければ可能です。

 

大学受験を効率的な勉強法
効果的な学習法を知ってる人から学べば伸びるのと同じで、
ビジネスも教えるのが上手な人から習えば結果が出やすいのです。

 

僕の場合は、この記事を書いている時点で、

せどり、サイトアフィリエイト、情報発信の3つを教えています。

 

一つだけでも収入を100万、200万と上げることは可能なんですが、

組み合わせることでさらなる安定と、年収1000万の世界が見えてくるんですね。

 

今年は兼業で年収を600万上げる人、

専業で年収1000万を越えていく人を輩出したいと考えています。

 

コンサルをやって半年から1年ぐらい教えれば

このラインには達するので頑張っていきたいと思います。

 

僕のサイトやメルマガ、YouTubeでは

収入を上げてお金の問題を解決する方法を考察しているので

いくつか見てもらって、気に入ったらぜひメルマガ登録をしてみてください。

 

メルマガでは僕現在進行形で取り組んでいる事業や、

よりディープかつマニアックな世界をご紹介しています。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す