貧乏人の特徴まとめ まさか自分も貧乏人マインド?当てはまってないかチェックしてみよう

 

この記事の所要時間: 613

こんにちは、細野です。

今回はきっかけがあればお金を稼げるようになる人。
きっかけを与えても変わらず未来永劫貧乏人として生きていく人の違いについて考えていきたいと思います。

お金を稼げるようになりたい。
経済的に豊かになりたい。

このように考えたことは誰しもあると思います。

僕は子供の頃からお金持ちになりたいとずっと思ってましたし、
家が裕福だったので、こんな感じでやっていけば成功出来るんだなってのがなんとなくわかってました。

でも幸か不幸か僕は学問の道には打ち込むことが出来ず、
頑張れたことと言えば夜な夜なパソコンに向かってチャットをしたり、
オンライン対戦でゲームに打ち込むことぐらい。

典型的なダメ人間であり、
であるがゆえに経済的な成功までには時間がかかりました。

まず貧乏人だった頃の僕は
「お金持ちになりたいなぁ」と口では言っていても
何か具体的な行動を起こしたり
人に会いに行ったり、本で勉強したりすることはありませんでした。

いわゆる口先人間ってやつで
口では高貴なことを言うが何も行動をしないしょっぱい人間でした。

そんな自分が徐々に変わり始めたのは
大学でサークル活動に參加したり
留学をするようになり
自分で考えて行動する癖が少しずつ身についてきてからです。

自分でボランティア企画したり、
他大学の学生が企画した勉強会に參加したり
ベンチャー企業でセミナー受けてみたり
積極的に行動をすることで自分を高めて成長できることを学んだんです。

自分で工夫をして色々やると面白いし
得をする(色んな人と会えたり、経験が得られる)事がわかったので
他の人が動いてない時でも自発的に行動をするようになっていったんです。

またお金に対するネガティブなイメージを持つこと。

これも貧乏だった時に持っていた特徴です。

お金を取ることって悪いこと、
お金を稼ぐ人は悪いことをしているずるい人。

テレビや成功している人を見ても
昔の自分は嫉妬をしていただけでした。

でも今は結果を出している人のことは尊敬するし
どうすればその人の良い所を自分にも取り入れることが出来るか?を考えることが増えました。

貧乏人ってこういうのを見ても
相手のよくないところを見て揚げ足取りばっかするんですよね。

僕もそうだったんでわかります。

人から奪ったり、人を貶めることでステージが低い人ってエネルギーを得ているので
そういう行動を無意識レベルで起こしてしまうんですよね。

お金持ちになるには他人と異なること、
他人よりも抜きん出る行動を起こさなければいけないので
周りの目を気にしたり、人から何か言われないか考えたりしていたら成功できません。

会社の中や学校という小さな枠組みの中だと
どうしても出る杭は打たれる傾向があり
リスクを取って行動を起こそうという気力が起きにくい。

でも例えば自分でビジネスをしたり
何か企画を立てて実行するとなると
人からどう見られるかとかそういうのを気にしてたらダメです。

他人から何と言われようと
自分が信じた道を突き進んでいかないと
元のしょっぱい生活に戻ります。

実際お金を稼ぐ方法をこのサイトでは
ゼロから丁寧に解説をしているわけですが
殆どの人はこういう情報を見ても行動しないわけです。

リスクがーとか、会社にばれたらーとか
色々理由つけてやらないんですね。

だからお前ら貧乏人なんだろって思います。

金持ちと貧乏人の違いはこの紙一重の
やったかやらなかっかの違いですから。

意外と結果が出てる人でも話してること大したことないなーとか
これなら俺でも出来そうだなって思ったことありませんか?

僕は何度もあります。

でもそれを見て自分がそれをやったかというと
なかなか出来ないことも多かったし
今もこうして情報発信をしているけど
このスタンスに落ち着くまで4年ぐらい時間がかかりました。

何か今のままの自分でも出来るんじゃないかという
ある種の他力本願的なクソマインドがあったんだと思います。

今はただ自分ができる事提供できることを
ひたすら提供し続けていくというスタンスでやっていて
それが評価をされて人が集まるようになりました。

この違いってどこにあったの?

やったかやらなかったか。
本当にこれだけです。

あいつは集客出来てるけど
教えてることはしょっぱい。

あの人は上手く行ってるけど
自分を作ってまでお金儲けして寂しそう。

理由をつけて嫉妬したり揚げ足取りするのは簡単です。

金持ちになるために資格や学歴は必要ないし
ただ行動を起こして
それにフィードバックをくれる指導者を付けて
淡々とやっていく。

これだけで年収1000万ぐらいで良ければすぐに行きます。

年収1000万は皆が思ってる以上にシンプルに到達可能。

会社員やってるだけじゃ行かないけど、
自分でビジネスに取り組んで
本業+ネットビジネスといった感じでハイブリッド的にやれば
それほど難しくない。

起業のハードルがこんだけ下がってて
資金調達も簡単に出来て
借金をするにしたって多種多様な案が用意されていて
外堀は完全に埋まってる。

でもやらない。
行動しない。

そういう雑魚い人ばっかなんです。

年収1000万行ってなかった時の僕も
行動してなかったです。

本気で稼ごうと思ってやってなかった。

だから600万しか稼げなくて
それが天井で自分の人生こんなもんかなって思ってました。

もちろん、そういった過去があり
それじゃダメなんだと知って
行動を起こしまくり今があります。

行動をすることを理由をつけて先延ばしにしたから
20代で年収1000万すら行かなかったし
未だに資産1億すら稼げてない。

しょべーなって思います。

だから30代はまずは日本のトップ0.2%である
年収2500万以上に先ずはなり、
資産1億を達成します。

資産1億達成したらその後はその資金使って
投資を拡大したり、行動しまくれるが資金が足りない人に出資したり
未来の成功者にきっかけを与える人になっていきたいと思います。

僕はこの国が大好きだけど
年配者の人が若者の邪魔をする傾向があるなって感じるんで
若者の邪魔ではなく、若い人の才能と能力を開花するきっかけになれる人になりたいです。

なんか貧乏人の特徴を書こうと思ってたのに
気がついたら自分の理想を語ってましたwww

全体的なまとめとして
行動しないことに加え
貧乏人は投資が出来ないです。

犠牲と代償を払わず
自分は何もせずに成功のいい所だけ得ようとします。

そんなことは無理だっていい加減が気がついたほういいです。

犠牲と代償を払うから成功出来るし、
その過程で自分の器が大きくなってできる事が広がっていくんです。

僕の所にも犠牲と代償を払えない人
投資できない人が来ますが
そういう人は全部切り捨ててます。

お金がない人でもバイトして投資してたり
親戚中から資金をかき集めたり
融資受けたり、借金したりして
ありとあらゆる方法でお金を作って来てくれる人もいますからね。

結局投資できない人は理由つけてるだけで
本当はやりたくないんですよ。

だからこれから先もずーっと貧乏だし、
成功できないで、
上手く行ってる人の妬み僻みばっかやって年だけ取っていくんです。

まじでしょっぱい人生だなって思います。

僕は奪う人間ではなく与える人間として生きていきたいので
価値を提供できる人間であり続けるべく
今後も学んで行動しまくって生きていきます。

やるかやらないか。

これだけです。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す