せどり実践2ヶ月半で利益25万円を達成 遊佐さんに成功の秘密を聞いてみた

 

この記事の所要時間: 214

細野です。

僕の個人コンサルに8月に申し込んで参加をした
遊佐さんという方がいます。

元々司法試験の勉強をしていた頭のいい人なのですが
司法試験に合格して弁護士になっても対して稼げない事を知って
司法試験以外の道を模索して僕の所にたどり着きました。

遊佐さんとは
新潟遠征、秋葉原仕入れ、栃木遠征、富山遠征と
4回一緒に仕入れに行ったのですが、
3回目あたりでコツを掴んで、
資金力を活かした仕入れに特化し25万円の利益を達成。

このスピードは僕が教えた人の中でもダントツの結果です。

せどりについて全く知らなかった人が
2ヶ月半でこの結果ですからね。

僕の指導力の賜物と言ってもいいと思います。

遊佐さんがやってきたこととしてはまず

遠征をやりまくる

これを彼はやってました。

まだ仕入れが出来ない段階で大阪まで泊まりこみで行き
結果はいまいちだったのですが
レンタカーを借りて仕入れを実践。

その後僕からサーチ数が少ないことを指摘され
サーチ数を増やすためにスキャン数、調べる癖を身につける行動を意識するようになりました。

そうすると1万円で仕入れて1万3千円で売れる商品と言った風に
お金をつかうことで利益を取りやすくなることがわかりました。

遊佐さんは使える資金が200万円近くあったので
この資金を効率的に回していくことを決意。

都心の店舗で同じ商品を50個買ってみたり、
千葉まで遠征をしたりと精力的に活動をしました。

仕入れ回数は週に3回から4回。

これぐらいまとめてガッツリ仕入れていくと
短い期間でもこれぐらいの結果が出ます。

今まで言ってきませんでしたが
最初は投資のほうが多く、どんどんお金を投じて
商品を確保していく期間が続きます。

遊佐さんも1ヶ月目は赤字で
2ヶ月目にプラスに転じて
2ヶ月半で利益が25万円に達したそうです。

なのでなかなか利益でないな~って人は
そもそも使っているお金が少なすぎないか?
価格改定ソフトで常に最安値にしているか?を確認して下さい。

なかなか売れていかないって人は価格設定が高すぎるだけです。

安くすれば売れていくので
赤字が出たとしてもどんどん値下げをして
売って行きましょう。

3ヶ月以上せどりをやっているのに
まだ利益が10万円すら出てないという人は反省をして下さい。

僕から見ていて行動量も行動スピードも遅すぎます。

仕入れ回数を増やすことは難しいですが
行動スピードを上げて、行動量を増やすことは可能です。

遊佐さんも言ってますが
最初は数をこなしまくるというのが大事になってくるので
ここは徹底をしていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す