営業マンの小遣い稼ぎ スキマ時間を利用して出来る事って?

 

この記事の所要時間: 23

こんにちは、細野です。

今回は営業の外回りをしている人が
空き時間を利用して小遣い稼ぎが出来ないかを考えてみたいと思います。

実は僕のところには普段営業をやっていて
車で外回りをしている人から連絡が来ることが多いのです。

彼らは普段から会社の外で営業の仕事をしているのですが、
1日中客先にいるのではなくて、
アポとアポの合間に空き時間があったりするんです。

そういう時は大抵の場合、車を止められる場所に車を止めてゆっくりしていたり、
カフェで休憩をしているそうなのですが、
その合間にせどりをやりたいと考えるみたいなんです。

これってすごく相性がいい副業だと思います。

外を回る、外にはお店がある。
物が売っている。安く売られている。

そういったものを営業の仕事の合間に仕入れておいて、
仕事が終わったら家に持ち帰る。

んで、Amazonに送って売る。

営業の仕事は僕もやっているんでわかりますが、
毎月同じ成約が出るというわけではなく
調子がいい時もあれば、売り上げが伸びない時もあります。

そんな時にせどりからの収入が上がっていれば
コミッションによって乱高下する給料に振り回されませんし、
家族がいる人であれば、奥さんから感謝される事でしょう。

普段の仕事の隙間で取組めて
月の収入、自分の小遣いを増やすことが出来る。

片手間でやっても数万円ぐらいであれば軽いですし、
休みの日を投入して時間を割けば
数十万単位の副収入を得ることも可能です。

これに加えておすすめなのが
スマホ転売です。

契約書に記入をするだけで
夫婦でやれば年間50万以上入ってきます。

年収を50万上げるのって大変ですが
転売を組み合わせると簡単に実現可能だったりします。

転売で安定的に収入が入ってくるようになったら
アフィリエイトをやったり
輸入や輸出に広げていくことで
会社に頼らずとも十二分な収入を得続けていける事業が完成をします。

営業をやっている人は物を売るスキルに関しては問題ないので、
販売経路を確保してやれば
ありとあらゆるモノを売っていく事が出来ます。

営業スキルってのはそれだけ価値があるスキルですから。

最初は手っ取り早く再現性が高い転売をやり、
その後はサービスを売ってみたり、
好きな様に自分のビジネスを広げていけばいいです。

やるかやらないか。

お小遣い稼ぎで使えるお金を増やすのも
大きくお金を稼ぐのも
究極的にまとめるとこれだけです。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す