iPhoneの液晶画面が割れる?割ってしまう前に出来る対策3つ

 

この記事の所要時間: 318

 

僕が現在進行形で対策しているガラス割れ対策です。
気をつけて使っていてもiPhoneを落としてしまうんですよねー。

 

plusから6sに変えても落とす時は落とす。
関係ないんだなーと。

 

ただ画面が小さい6sは使いやすさという面では
不満がないので
乗り換えたことに満足してます。

 

plusを使ってる人も同じ考え方で
ケースやガラスを見つけて取り付けてみてください。

 

特にこだわりがなければ1000円以下の安いやつでいいです。

 

最近はブルーライトをカットしてくれるものや、

進むボタンと戻るボタンを搭載しているガラスも出てきした。

 

特にこだわりがなければ1000円以下の安いやつでいいと思います。

 

 

ケースはデザインに影響するので好きなモノを選べばいいですが、

強度的にはラバーケースとバンパーケース一体型になっているものが一番安心です。

 

最近のiPhoneは大画面になって割れやすくなっているので、

保護ガラスとケースは必須です。

 

 

 

iPhoneを使いながら落としてしまうことが多いという人は、

バンカーリングというものをつけましょう。

 

ケースの上からでもつけられます。

 

 

この3つで対策をすれば、何も対策しないのと比べて安全になるはずです。

 

保護ガラスは何回か落とすと割れるので、割れたら新しい保護ガラスを貼って取り付けましょう。

 

1回液晶を割ると1万円以上かかりますが、保護ガラスであれば10回割っても1万円かかりません。

保険みたいなものですね。

 

対策できることは対策をして、液晶を割れないように使っていきましょう。

 

割ってしまった時の修理費用や、修理に持って行く時間、修理にかかる時間がもったいないので。

 

せどり向けのiPhoneについてはこちらの記事で掘り下げています。(準備中)

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す