【盲点】 弁護士や会計士の資格に合格するより教える側に回ったほうが儲かるという現実

 

この記事の所要時間: 440

僕の顧客で遊佐さんという
司法試験の勉強をしている人がいる。

彼は元々、工場で働いていたのだが
元々法学部を出ていたこともあって法律の世界で働きたいと考えていた。

んで、会社との契約が切れたことをきっかけに勉強を再開したわけだけど、
勉強しながらこんな事を考えてしまった。

「これだけ合格するのが難しいと言われる司法試験に受かっても稼げてない弁護士がゴロゴロいるんだよな…。」

弁護士が稼げない?

知識がない人には意味不明だと思います。

弁護士といえば社会的地位が高く、
収入にも恵まれるやりがいのある仕事というのが一般的なイメージだから。

でもそれは昔の話で、今はかなりしょっぱい職種になってます。

まず裁判の件数というのは常に限られています。
そしてその裁判を担当する枠を日本全国の弁護士が奪い合っている。

これが身も蓋もない現実です。
限れたパイを奪い合うから、実績がある人の所には仕事が来るけど
後発の人の所には仕事がこない。

だから有名な弁護士事務所に就職して経験を積んで
いずれ独立というのがキャリアパスになる。

でも有名な弁護士に就職をしても
誰がやっても大差がないような案件しか任せてもらえず
労働時間は長く、賃金は低い状況で働かされる。

それでも頑張っていけば少しずつ任される仕事が増えて
実績も作れていずれは独立できるかもしれない。

でも弁護士の仕事しかできない人が独立して
ホームページ作れません。SNSわかりません。という状況で集客出来るだろうか?

実際集客が出来なくて
しょぼい業者にしょぼい提案されて
金だけ取られて集客できませんでしたーみたいな状況に泣く人がたくさんいる。

僕に言わせれば準備もしないで
スキルだけあれば独立出来るなんてただの情弱じゃんって思うのだが
自分たちの先人がそういうやり方で成功してきているから
弁護士で稼ぐなら独立して事務所を構えるしかないって思い込んでしまう。

遊佐さんは、弁護士として稼ぐコスパの悪さに気がついて
資格や組織に頼らなくても自分で稼ぐ力を身につけたほうがいいと考えた。

んで、僕の動画を見て僕に連絡をしてきてせどりをやることになった。

それから2ヶ月半。

彼の収入は25万円上がった。

年収じゃなくて月収。

今や弁護士やっても1年目から25万も貰えない人はゴロゴロいると思う。

それを彼は1年も経たずにやってのけた。

ネットでビジネスをやればこれぐらい普通だし、
せどりだと結果が出るのも速い。

遊佐さんは自分の勉強成果として司法試験は合格する所までは持って行きたいと言っている。

そんな彼に僕はこういった。

「司法試験に合格したら、弁護士になるよりも
司法試験の勉強法を教える活動をやったほうがいいですよ。
そっちのほうが遥かに需要があって稼ぎやすいです。」

資格の取り方を教えるほうが、資格を取ってその資格で仕事をするよりも遥かに稼げる。

これは人によっては知りたくない現実だと思う。

でも実際そうだし、資格取得の通信講座をやっている会社はめちゃくちゃ儲かってる。

資格取得を教える活動は通信講座が実際あることからも明らかなように、
教室を開いたりしなくても出来る。

そして個人でも市販の問題集を使ってその活用法や勉強計画を練ってやることで
大手の資格予備校がやってることを個人レベルで実践できる。

それをコンテンツ化して販売をしていけば
何百人何万人という人達に
自分の作ったコンテンツを提供できる。

コンテンツは一人に売っても100人に売っても
自分の負担が増えたり、サービスが破綻することがないので
無限に販売をすることが出来る。

そして売れば売るほど利益率は良くなっていく。

一人に売るだけだとコンテンツ制作に費やした労力を考えると赤字だが、
10人、100人と数が増えるごと作った労力に対するリターンがどんどん良くなり
天文学的な利益率が出るようになる。

これがコンテンツマーケティングってやつだ。

そしてコンテンツマーケティングと平行してやっていくといいと思うのが
直接指導。

コンテンツを見てくれてる人や
これから最短で司法試験に受かりたいという人に
直接会って勉強を教えるサービスを提供する。

これは司法試験に受かりたいというぐらいだから
たかい単価を設定する事が出来る。

実際資格予備校の価格が高価に設定されている事からも明らかなように
高い値段を払ってでも資格を取りたいと思う人はゴロゴロいる。

なので例えば半年教えて30万円といった感じで単価を設定し
これを少数の人に販売する。

こうすることでコンテンツからの売り上げを確保しつつ、
直接指導でさらに大きな売り上げを上げるというモデルが作れる。

自動収入と手動で稼ぐ収入の両立である。

この仕組みを作るのに早い人で3ヶ月ぐらい、
一般的には半年ぐらい。

しっかり作りこんで1年ぐらい。

それぐらいで年間1000万ぐらいの稼ぎになるビジネスにすることが出来る。

ただ勘違しないで欲しいのは実績や実力があればという話。

司法試験受かってないのに、コンテンツ販売は出来ないし、
文章書いたりサイト作ったり出来ないのに情報発信は出来ない。

出来ないことがあるなら出来るようにしていく努力が必要だし、
実績がないなら実績を作らないといけない。

それが出来るなら後はそれにレバレッジをかけてやっていくだけなので
個人差はあるかもしれないけど、サクサクいけると思ってます。

僕自身も今、このコンテンツマーケティングに力を入れて頑張っていて
集客と販売が出来るようになりました。

その結果収入も上がったし、出来る事も増えたのでやってよかったと思ってます。

もし僕からコンテンツマーケティングを学びたいって人がいたらここから連絡を頂ければと思います。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す