成功したいなら…投資でしょ

 

この記事の所要時間: 219

昨年ぐらいからせどりをやっている人の間では
稼げる人と稼げない人の間に大きな隔たりが発生するようになりました。

その傾向として、とりえあずワゴン見れば稼げる、
セール行けば何か見つかるといった表層的なノウハウが通じなくなったことがあります。

つまり、今新規参入してやろうとしても
まずまずせどりで稼ぐのって無理だってことです。

じゃあどうすればいいかっていうと、
飽和している世界で戦う視点を手に入れましょうって事なんですけど、
それが全てじゃない。

僕や僕から学んでいる人達が結果を無限に出しまくるのは
結果を取り巻く環境を作りこんでいるからです。

例えば仕入れに行く前に作るルート。

稼げない人ほどせどりマップを作らないと以前話しましたが、
僕らは仕入れマップを何時間もかけて作りこみます。

一つの県には数百店舗を超えるお店が登録されていて、
それを効率的に、開店時間や閉店時間を加味しながら、
あるいは宿泊先のホテルからの移動時間を考慮して
回るお店を決めるのです。

そして回るお店を決めたら
カーナビを使い、そのお店まで最短ルートで到着できる仕組みを組み込みます。

さらに車の移動中にiPhoneの充電を倍速で回復させ、
人によっては僕の音声ファイルや動画を再生、
お店についたらKDC200とせどりすとプロを使い
効率的にお店を回っていきます。

ところが、こういった現状や必要性を散々伝えているのに
カーナビをつけてなかったり、iPhoneを持ってこない人がいます。

稼ぐ気あんのかって話です。

効率的に稼ぐならiPhoneですし、
KDC200は必須ですし、
ナビも必要。

これらは当然買い揃えて、仕入れツアーや遠征に参加するものだと僕は考えています。

従ってこういったものを揃えずに参加する人は
やる気なし、稼ぐ気がない人と判断し、ほどほどの対応でいいかなって気持ちになります。

お金払ったのにちゃんと対応しないんですか?って思う人がいるかもしれませんが、
僕も人間なので感情があります。

やる気のある人には応えよう、応援しようと思うし、
雑魚い質問してきたり、やることやってない人には塩対応したくなります。

教わる側のモチベーションと、教える側の意識は
共に上向きであることが理想です。

そのためにも、こんなしょぼいことでど叱りつけられて欲しくありません。

成功のためには犠牲と代償、
投資が必要です。

僕は色々な物を買え買えといいますが、
それはあなたに最短ルートを歩んでもらうために必要だから
買ってくれと言っているのです。

ですから、いちいち言われなくても
こういったものは当然の準備として揃えて
仕入れツアーや遠征に参加してくれるよう、お願いをします。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す