【保存版】転売で毎月30万の利益を稼ぎ続ける最短ルート

スクリーンショット 2016-01-08 1.09.15
 

この記事の所要時間: 554

こんにちは、細野です。

ネットビジネスを教えて欲しいという人に
最初にいくら稼ぎたいか?というのを聞くと。
「30万円」と答える人が多いです。

30万という数字はそれほど難しくないので
普通にやっていれば行きます。

どうして30万なのかと思ってたら
会社がくれるのが20万から30万という人が多いみたいで
今働いている会社がくれる給料と同等の金額を稼ぎたいということみたいなんです。

冷静に考えて会社から貰える金額と同じだけの額を
自分の力だけで稼ぎだすというのはすごいことです。

僕は大学生の時にこのラインに達したので
自然なことだと思っていましたが、
世に出て人に雇われて、それで30万以上を貰うってのは
大変なこと。

今の時代、会社を辞めてしまえば
同じ条件で雇ってくれる所は
簡単に見つかりません。

そうなると、転職も気軽にできず、
会社にいても給料は上がらないため
じゃあ副業でもやるか…という思考になるんですね。

そして色々調べるのですが、
アフィリエイトは稼ぐまでに時間がかかるし
覚えることが多いのでイメージが掴みにくい。

物を売る転売であれば
安く買って高く売るだけなので
自分でも出来るかも?

そう思って物販に興味を持ってくれる人が多いみたいです。

そして例えばせどりであれば
自分で仕入れに行くのですが、
利益の出る商品が見つからない。

輸入であれば自分なりにリサーチしたり
いくつか商品を仕入れるのだけど利益が出ない。

本当にネットビジネスって儲かるの?

転売で稼ぐことなんて出来るの?

そう思い色々調べて
僕の所にたどり着く。

そんな人に言っておきたいのは
転売で稼ぐのは今も昔も、そしてこれからも
この世に物があり続ける限り可能だと言うこと。

そしてせどりにしろ輸入にしろ、
やればやるほど相場観が身につき、
有利な条件で取引が出来る様になるので
稼ぎやすくなります。

じゃあ具体的に毎月30万の利益を
転売で出し続けるためにどうすればいいか
というのを僕なりに考えてみました。

まず条件として、週に2日は仕入れに行けるとします。
使える資金は現金30万、クレジットカード決済枠100万とします。

現金はせどりの仕入れに使い、
クレカの100万は輸入の仕入れに使います。

会社勤めをしていればクレカの審査枠100万は
カードを2枚から3枚作れば貰えるはずなんで
それほど難しくないと思います。

まず僕のコンテンツ一覧でも話している通り、
最初にやることは必要な道具の調達です。

せどりの場合はKDC200とせどりすとプロというiPhoneアプリが必要なので
これを揃えます。

そして仕入れマップを作り、
車を使ってお店を回っていきます。

僕と一緒に遠征をやった人であれば
どういった所を見ていき、どのように思考をすればいいか
わかっているはずなので、神の眼を使って
どんどん仕入れをします。

そして悩んだら僕に聞く。

これの繰り返しをして
1日仕入れをやって見込み利益が最低でも5万円以上、
理想的には10万円以上出るように頑張ります。

仕入れが終わったら自宅に戻り、出品です。

最初の間は自分でやりますが、
慣れてきたら人を雇って出品作業を任せます。

これも僕から直で学んでる人には教えているので
難しくないはずです。

募集をすれば人がすぐに集まるので
直接会って教えてもいいですし、
田舎に住んでいる人なので地元で雇えないという人は
ネット経由で教えればよいです。

また、自分が会社に行っている間にも
収益や労働作業が進むように
ネット仕入れのスタッフも雇用をします。

これは僕がコンサル生にだけ教えている
ツールを使ったネット仕入れのやり方があるので
それを外注化するのがいいと思います。

このようにして自分がやることは
仕入れと発注(ネット仕入れ)の2つだけにし
それ以外の単調作業は人に任せて自動化をやります。

ここまで終わらせるのが2週間から3週間ぐらい。

時間をかけずにサクサク進めていきましょう。

そして余力が出来たらすぐに輸入を開始です。

Buymaというところでアパレル商品を
在庫を持たずに転売をします。

Buymaで売れた商品をリストアップしてくれるツールを契約し、
売れている商品を抽出します。

そしてその商品を扱っている正規のお店、
信頼できるネットショップを見つけ、
在庫に問題がないと判断できたら出品をします。

これも数回自分で作業をやり
流れが理解できたら
人を雇って任せます。

自分はエクセルのスプレッドシートに
出品して欲しい商品と仕入先のURLをまとめておき、
会社に行っている間も、寝ている間も
売れる商品が出品され続ける仕組みを作るのです。

これを1ヶ月ぐらい集中してやると
300個から600個ぐらいは出品できるはずです。

自分でやったらこれだけ出すのはとても大変なのですが
人を数人雇ってやれば普通に出来てしまいます。

そして在庫が500個以上あり、
その在庫の全てが過去にBuymaで実際に取引をされた商品であれば
高い確率でもう一度売れます。

言うなればここに出している商品は
せどりで仕入れをする時にモノレートで判断をして
売れるとわかった商品のようなもので
闇雲に出品をしているのではなく
きちんとマーケティングをして出品をした商品なのです。

だからこそ、売れるまでの速度も短いし、
同じ商品を何度も売り続けることが出来るのです。

実際に商品が売れたら
商品を仕入れますが、
日本に直送してくれない商品の時は
転送会社というのを使います。

この転送会社というのは
利用料金が高い所が多く、
中長期的には転送や買い付けをやってくれる人を
個人レベルで探して雇います。

そんなこと出来るのか?と思うかもしれませんが
Facebookで探すと、現地に住んでいる日本の人を簡単に見つけられるので
メッセージを送って交渉をします。

こうすることで、他の転売ヤーが仕入れ出来ない商品、
安く購入できない商品を仕入れられる仕組みが完成をします。

Buymaはほとんど全ての工程を自動化できるので、
出品、受注確認、発注、梱包、発送という作業を
人を雇ってやらせることで
自動的にお金が入ってくる仕組みを作り出すことが出来ます。

なのでBuymaで自動化をし、
せどりの仕入れを週に2回、
難しければ1回やり
国内転売と輸入転売の2つの手法でお金を稼いでいきます。

1ヶ月目の利益は10万円程度、
2ヶ月目は15万円程度、
3ヶ月目で20万円以上の利益にペースが遅い人でも達するでしょう。

そして4ヶ月目か5ヶ月目になってくると
資金も増えていき、より単価の高い商品を扱えるようになるので
利益30万円を無理なく達成できるはずです。

道筋だけを書くと
とてもシンプルなやり方です。

シンプルですが正しいやり方を知らないと
遠回りしてしまいますし、
挫折をしてしまうのが転売です。

おそらくこのやり方を知っても
ほとんどの人は実践が出来ないでしょう。

だからこそ、これからも転売は生き残り続けるし、
堅実な副業として多くの人に支持をされるのです。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す