稼ぐアイディアをどうやって得ていくか?

 

この記事の所要時間: 143

今回は稼ぎのネタ、ヒントをどういった所から得ていくか?ということについて書きます。

実は稼ぎのヒントというのは
僕らが生活している中で色々な箇所で見出すことが出来ます。

映画館のポスターを見て今のトレンドや
話題の作品、そこに出演している俳優。

こういった情報から
せどりであれば仕入れ対象となる商品を見つけられたり、
アフィリエイトであれば記事のキーワードとなったりします。

電車に乗れば吊り革広告や駅構内に貼られているポスター等から
やはりトレンドを知ることが出来ます。

また本屋に行けば
ビッグトゥモローを中心とする
副業を解説した雑誌や書籍があり
そこにヒントを見出すことが出来ます。

またテレビ番組でも今注目されている会社や
ビジネスモデルを特集する番組が放送をされています。

このように世の中には稼ぐためのアイディア、ネタとなるものが
たくさんあるわけで
意識を向けるだけで多くのことに気がつくことが出来ます。

同じような情報やノウハウを手にしても
そこから広げられる人と、何も感じられない人に別れ、
もっというと稼ぎに繋がる人、稼ぎに繋げれない人が出てくる。

その違いはとても小さなもの、僅かな違いが蓄積をされて
差となり、結果を分けていきます。

つまり、何かを見たり聞いたりした時に
そこからどれだけ膨らませることが出来るか
豊かに想像性を発揮することが出来るかで
稼ぎのアイディアを活かせるかは決まってくるのです。

同じ時期に同じノウハウでビジネスをスタートさせた人で
結果に差が出てくるの理由もここにあります。

それまでその人が経験してきたこと、
見てきたこと、全てが繋がっているから
同じことをインプットしても出力される結果が異なってくるのです。

発想を豊かにするためには
多くの情報を得ることも大事ですが
学んだことを実際に使いながら広げていく経験が大切だと僕は考えています。

10のノウハウを知っているよりも
1のノウハウを完全に理解し、応用できる状態。

丁寧に着実に取り組む姿勢を養っていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す