せどりで売れない時の対処法。儲からないと嘆く前に

 

この記事の所要時間: 148

仕入れた商品を出品したら
あとは売れるのを待つだけです。

FBAに商品をヤマト便でまとめて送り、
一箱しかない時ははこブーンで送る。

これが基本の流れです。

で、送った後に
思ったほど売れないなーって時がある。

ランキングも低くなくて
カートも取得できているのに
なぜかなかなか成約しない。

そんな時は基本に立ち返り
出来る事を淡々とやっていきましょう。

まず売れない原因としてよくあるのが
Amazonの決済がシステム的に障害を発生させていて
出荷作業にスタッフが入れてない時。

こういう時はじたばたせずに待つしかないです。

たまにこういう障害っぽいことがあり、
普段であればバリバリ売れているのに
売れ行きがいまいちしょっぱいなーって時があります。

次に価格の調整をせずに
ライバルの価格から離されてしまっている時。

アカウントを作った直後にこの傾向が多く、
最初は競合よりも安くすることで販売実績と評価を獲得していかなければなりません。

それを実現するために
価格改定ソフトを使い毎日値段を最安値や
最安値マイナス1円といった具合で下げていきます。

いずれは価格だけでも売れなくなる実績、
競合と被らない商品構成を作れるようになりますが
最初の間はツールを使い最安値戦術を取っていきます。

そしてこれ以外にもコメント文やお店の名前など
周りからどういう風に見られるか印象作りも底上げしていきます。

安っぽい名前のお店や
適当なコメントだと
購入する側は不安になってしまうので
そういった不安を払拭できるようにしっかり対策をやっていきます。

ストアアカウントを持っている人は
お店のバナーを作って登録すれば
競合よりも目立つようになります。

小手先のテクニックだけどこういった所も力を入れて取り組んでいきます。

売れない時の対策はこんな感じです。

僕は売れない時は悩んだりするのではなく
次の商品を仕入れに行き、
モチベーションが落ちたり、悩むことに時間を使ったりしないようにしていました。

悩んでもお金は1円も稼げないので
稼げる作業に集中をし
最短ルートを歩めるように頑張っていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す