せどりで儲かる商品リストについて

 

この記事の所要時間: 144

物販系の情報発信をしている人の中には
売れる商品リストや高値で販売できる商品リストを
情報商材の得点にしたり、有料で売っていたりします。

僕自身過去にこういったものを販売している人から
リストを購入したことがあるのですが、
いやなんというか、やめたほうがいいよw

まず物販の原理として、同じ商品を扱う人が増えれば増えるほど
値段が値下がりをして売れるまでの時間が長くなるというデメリットがある。

言うなればゼロサムゲームのようなものであり、
自分なりの優位性を作っていかない限り
他のせどらーの人達に打ち勝つ事は出来ない。

そこで出てくるのが
稼げる人が作った商品リストの購入という考えなんだが。
これは冷静に考えれば優位性なんてものは1ミリもないですよね。

だってそのリストを一体何人の人が手にしていて
探そうとしているのかって話ですよ。

同じ商品を10人とか20人が同時に扱ったぐらいでも
商品によっては余裕で暴落するのが
物販の世界。

自分オリジナルの商品を中国の工場に発注するとか
そういった特殊な仕組みを持っていない限り
扱うのは型番がついている商品が基本。

そして型番がついている以上、
他の人もその商品を扱えるわけで
そこには価格競争や市場原理が働いてしまうわけです。

だからこそこれから参入する人は
自分なりの優位性を確保するために
儲かる商品よりも、儲けられる視点の養成に全力を注ぐべきだし、
投資すべきはそういった人との出会いや仕入れツアーといった所なのです。

最終的には自分でリサーチをして
儲かる商品を無限に生み出せる所まで行けると
強いですね。

僕は以前動画でも公開した3次元の考え方を徹底的に深めて
今は自分で利益の出る商品を無限に量産できる所までこれました。

しっかりと努力をすればそういった世界に到達できるので
安易にリストを購入する方向に走るのではなく
自分で見つけられる力を養うべく頑張っていきましょう。

僕のリサーチ方法についてはこの動画で話しています。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す