仕入れた商品をAmazon FBAに出品する方法(納品編):画像での説明編

スクリーンショット 2015-06-27 19.24.22
 

この記事の所要時間: 55

納品方法についてのお話です。

せどりで仕入れた商品をAmazon FBAに出品する方法:画像での説明編

 

の続きです。仕入れた商品の登録が終わっていない場合は、先にこちらをご一読ください。

 

「納品」とは、仕入れた商品をAmazonのFBAに入荷する単位です。

基本的には、一度に送るものを「1納品」と考えればいいと思います。

ただし、商品の大きさによって、納品する倉庫が自動的にふりわけられますので、

注意が必要です。

 

仕入れたもの全てを一つの段ボールに詰めてしまうと、

実は入荷先が違ったりして、また詰めなおすってことになり兼ねません。

 

商品は先に詰めず送り先が確定してから梱包します。

 

◆手順◆

1.「納品」の作成

2.納品商品及び数量の登録

3.ラベルの貼付

4.梱包

5.集荷依頼

 

 

 

1.「納品」の作成

スクリーンショット 2015-06-27 19.24.22

この続きです。

fbadelivery-3

【図1】

 

新規に商品を登録すると、納品を作成するか?既存の納品を使うか?と

聞かれます。

 

最初は、「新規の納品プランを作成」を選択します。

 

 

 

fbadelivery-2

【図2】

 

この「納品」の中に一商品追加されました。

 

 

2.納品商品及び数量の登録

 

「数量」欄に数を入れます。

カーソルが外に出ると、数が登録されます。

 

 

2つ目以降、新規に商品を登録した場合も同じ画面が出ます。

その時は、

fbadelivery-4

【図3】

 

このように、既存の納品プランに追加します。

1回に送るものは、1つの納品とするのがスマートです。

 

「納品プランに追加して続ける」ボタンを押して続けます。

 

 

これを納品する商品の数だけ繰り返します。

 

 

既に商品登録だけが終わっている商品や、

一度納品したものと同じ商品を納品したい場合は、

在庫管理画面から追加手続きができます。

(新品と中古などコンディションが違う場合は、新規商品登録が

必要です)

 

fbadelivery-5

【図4】

fbadelivery-6

【図5】

 

選択したら【図1】にもどりますので「既存の…」を選択して続けます。

 

 

 

3.ラベルの貼付

納品したい商品を全て登録したら、「続ける」ボタンを押します。

fbadelivery-7

【図6】

 

 

【注意】数量の数字が全角だったり、入力漏れがあったりすると、

「続ける」ボタンが押せません。

 

fbadelivery-9 fbadelivery-8

【図7】

 

ラベルの貼付ページに移ります。

fbadelivery-10

【図8】

 

混合在庫※以外は、ラベルを貼る必要があります。

基本的に中古商品が対象です。

 

amazonに貼ってもらうのが便利です。(推奨)

手数料がかかりますが、数十円です。

 

自分で貼ることも可能ですがラベル台紙を準備したり、

貼ったりするのが面倒です。

 

 

※混合在庫とは、同じ商品だったらどの出品者が送ったものかに関係なく、

お客さんに届くシステムです

fbadelivery-11

【図9】

 

 

「続ける」ボタンを押すと納品が振り分けられる場合があります。

fbadelivery-13

【図10】

 

fbadelivery-13

【図11】

 

商品のサイズ等によって、自動的に倉庫が決まります

何か所に送ることになるかはわからないので、

この画面を見てから梱包することになります。

 

「納品を確定」を押します。

 

4.梱包

納品を確定したら、納品別に梱包します。

・一つの納品で複数の箱になるのは構いません

・複数の納品を一つの箱に収めるのはNGです

 

 

梱包するときのチェック

・数が合っているか?

・小売店や値段シールがついたままになっていないか?

 

梱包が終わったら、箱にラベルを貼ります。

 

 

fbadelivery-14

【図12】

 

fbadelivery-15

【図13】

 

配送方法を選びます。

輸送箱の数を入力します。

 

日本郵便を使う場合は、箱のサイズの入力が必要です。

ヤマト便を使う場合は、「配送ラベルを印刷」を押して、

PDFをダウンロードします。

fbadelivery-16

【図14】

 

PDFの機能を使って印刷します。

印刷した紙は、箱に貼ります。

(宅配便の紙で覆わないようにします)

 

 

fbadelivery-17

【図15】

 

「クリックすると納品が完了します」ボタンを押すと、

納品が完了します。

fbadelivery-18

【図16】

 

お問い合わせ番号などを入力する欄がありますが、

入力しなくても届きます。

入力しておくと、荷物が迷子になった時の追跡がラクです。

 

 

5.集荷依頼

集荷依頼をして宅配業者にとりにきてもらうこともできますし、

ヤマトの場合などは営業所に持ち込むこともできます。

 

依頼が終わると、無事自分の手を離れます。

後は売れるのを待つだけです。

 

大体1-3日くらいで、amazonから受領しているというメールが届きます。

受領が終わったものから順番にamazonの画面に表示され、

売れていきます。

 

 

◆発送した後に納品ミスが発覚した場合の対処法。

 

・数量が登録数より送った数が少なかった

⇒納品がずっと受領中のままですが、無視していて大丈夫です。

 

・数量が登録数より送った数が多かった

⇒確認メールが来ますので、手順にしたがって手続きすれば、納品されます

 

・全く登録していない商品を送ってしまった

⇒amazonでは対応してくれません。「納品されていない商品です」というエラーの

連絡がきます。返送手続きで手元に返送するしかありません。

商品の不備などと併せて、ある程度溜まったら一度に返送するのが便利です。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す