せどりで仕入れた商品をAmazon FBAに出品するやり方。動画と画像でわかりやすく解説

スクリーンショット 2015-06-27 19.17.52
 

この記事の所要時間: 314

 

今回はAmazonの出品方法を
画像で解説していきます。

また、ここでは Amazon のへセラー(出品者)登録はできていると仮定しています。
細かく見て行く前に、まずは全体をざっと眺めて流れを把握しておくとわかりやすいですよ。

 

Amazon セラーセントラルにログイン

https://sellercentral-japan.amazon.com/ にアクセスします。
【Eメールアドレス】と【パスワード】を入力し、【サインインしてください。】ボタンをクリックします。

スクリーンショット 2015-06-27 19.17.52

出品画面に移動する

セラーセントラルにログインすると次のような画面が出てきます。
メニューの【在庫】から【商品登録】を選び、クリックします。

 

スクリーンショット 2015-06-27 19.19.10

登録したい商品を選ぶ

【選ぶ】と書きましたが、まずはその商品を検索することが必要です。
バーコードリーダでバーコードを入力させてもいいですが、手動入力でも構いません。
方法は何にせよ、次の画面で検索欄に商品バーコードを入力して【検索】ボタンをクリックします。
商品バーコードでうまく商品が出てこない場合は商品名で検索しましょう。

スクリーンショット 2015-06-27 19.20.28

検索欄にバーコードを入力して検索したのが次の画面です。
実際に該当商品が出てきました。
ここで【出品する】ボタンをクリックします。

スクリーンショット 2015-06-27 19.21.16

商品情報を入力する

ここからは実際に商品の情報を入力していきます。
まずは SKU の設定です。
これは管理用に設定するコードで、どう入力しても構わないませんが、
あとあと管理しやすいように【2015-06-27-2000】のように、
仕入れた年月日・金額を入力するのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-27 19.22.06

次はコンディションです。
Amazon の規約を確認して適切なコンディションを選び、説明を書いてください。
コンディションについて詳しくは専用の記事・動画があるのでそちらを見てくださいね。
ここでは流れだけ説明することにして先を急ぎます。

スクリーンショット 2015-06-27 19.23.03

次は販売価格です。
ここでも値決めのしかたについての詳しい話は承暦します。

スクリーンショット 2015-06-27 19.23.42

次は出荷方法の決定で、とても大事です。
きちんと【FBA】を選んでおきましょう。

スクリーンショット 2015-06-27 19.24.03

ここまできたら【保存して終了】ボタンをクリックして終わりです。

スクリーンショット 2015-06-27 19.24.22

 

出品の手順はこれだけです。
難しいところはないことがわかってもらえたと思います。

さらに納品作業もありますが、それは別の記事にしましょう。
流れがわかったら、必ずどんどん実践して経験値を貯めていってくださいね。

 

過去に販売した商品を再度納品したい時は?

一度販売した商品を再度納品したい時はこのやり方でやると効率的です。

 

 

出先からFBAに納品をする

せどりの腕が上がっていくと一旦自宅に戻って出品するのではなく、

外注さんの家に荷物を直接送ったり、出先のコンビニやヤマト運輸さんを利用してFBA配送センターに直送をします。

 

そうすることで効率的に仕入れた商品を販売することが出来るようになります。

 

また、車で仕入れに出かけると荷物がパンパンになって
車の中がいっぱいになってしまうことがよくあります。

 

そういう時は現地でダンボールを購入して
発送をすればいいのですが、
一番楽なのがダンボールを買ったお店でその場で発送することですよね。

 

ホームセンターでダンボールを購入後、ヤマト運輸の営業所を見つけて
そこからヤマト便で発送を現在は取っています。

 

ヤマトの営業所は日本全国にあり、
このテクニックを使うことで簡単に出先で見つけることが出来ます。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す