せどりで日給10万すら超えない時に確認すべきポイント

スクリーンショット 2015-06-30 16.59.46
 

この記事の所要時間: 356

 

僕が教えている人には
せどりなんて絶対やらないと思っていたという人が少なくありません。

 

彼らのせどりに対する印象というのは
”作業量が多く、その割に稼げない”というもの。

 

これは確かにそういう側面があり、
僕も今ほど実力がない時には
今日は割にあわない仕入れになっちゃったなーと感じる時があったんです。

 

ですが、今は仕入れに行けば日給10万を超えるのは当たり前であり、
日給20万を超える日も珍しくなくなってきました。

 

このペースでさらに腕を上げていけば
日給30万を超える日も遠くないと感じています。(その後達成しました)

 

これを読んでいるあなたが
日給10万や20万だと割に合わないと思うなら
せどりをやらないほうがいいと思います。

 

しかし他のネットビジネスと比較をしても
これだけ短期間で
このクラスの収入をコンスタントに出し続けられるのって
せどりだけです。

 

次のステップに進むための手段、
お店を出すための開業資金を作りたい。

 

自分の夢を実現するために
まずはこのせどりをやり、
稼げる自分、いつでもお金を生み出せる力を身につけてみるのも悪く無いと思いますよ。

 

ということで、今回はせどりをやっているが効率的にお金が稼げていないという人のために

何をしなければいけないかを掘り下げて解説していきたいと思います。

 

なぜせどりで日給10万すら稼げないのか?

 

あなたが仕入れに行って1日時間をかけたのに

1日の見込み利益が10万にすら達しないのならその理由は次のどれかだと思います。

 

理由1:ジャンル固定

 

ブックオフしか行かない、本しか見ないといった具合で

ジャンルや見る幅を絞っている人です。

 

これをやると爆発が狙える反面、ブレの大きな仕入れになります。

 

取れる時は取れるけど、取れない時は全く取れない仕入れになるので

精神衛生上よろしくないです。

 

また市況が悪化した時に一気に稼げなくなるという危うさを抱えているので

仕入れの幅を狭める行動は避けたほうがいいです。

 

理由2:日給十万稼いだ経験がないので、稼いでる人が何を見ているのかわからない

 

成長が鈍化している人に多いパターンです。

 

自分にない視点やスキルを伸ばすために投資をするというマインドがないので、

いつまでも我流でダラダラ取り組み、頭打ちになっているケースです。

 

せどりで10万とか20万とか稼げても

そんなものはあぶく銭なのだから

全て知識に投資すればいいと思います。

 

そうすればもっと自分の仕入れの幅が広がり

ちょっとの事ではブレない仕組みができます。

 

ある程度の水準に達したらせどりを卒業してもいいし、

教える活動をやってもいい。

 

実力さえあればあとは言語化するスキルを伸ばしていけば

自分が学んだたり作り上げた仕組みを収益化することも出来ます。

 

そういった所を見据えて、今の自分に足りないスキル、視点を補うために

自己投資。

 

伸びない人はここが出来ているか確認をして下さい。

 

副業で30万、専業で50万以上をコンスタントに稼ぎ続けるために

 

日給十万を超えないと何が問題かというと、

週に1回とか2回の仕入れでまとまった利益を稼げないということです。

 

単純に月の仕入れ回数を4回から8回とすると、

日給十万以上で推移した場合、月の見込み利益は40万から80万確保できる計算になります。

 

30万以上稼ぐ場合は最低でも見込み利益が40万以上は欲しいので、

1ヶ月仕入れに費やした時の見込み利益が40万以上に達するように

普段の仕入れを計画管理していかなければなりません。

 

このように目標から逆算していくと

効率化、スキルアップがいかに大事なのかが浮き彫りになってきます。

 

ところが成長が鈍化する人というのは

ちょっと電卓を叩けば計算できるような作業をせずに

今のやり方のままなんとかしようとしてしまいます。

 

そして何も現実が変わらず

いつまでも稼げずに、気がつけばモチベもダウンして

撤退をしていきます。

 

僕の読者さんにはそうなって欲しくないので

しっかりとした成長曲線を描くために

投資と行動を怠らずに毎日を過ごして欲しいです。

 

せどらーの人って投資が出来ない人が多いですし、

自分を進化させるための行動も継続できない人ばっかなんで

ちょっと頑張れば一瞬で抜き去って圧勝できますよ。

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す