せどりで逮捕?危険?安全に稼ぐには何をすればいい?

 


友だち追加

この記事の所要時間: 328

店頭で仕入れた商品を
ネットで転売するという話をすると
それって違法なんじゃない?と怖くなってしまう人を
たまに見かけます。

 

最初に言っておきたいのですが、
せどりは違法ではなく、
店頭で合法的にお金を払い商品を購入し、
それを必要としている人に販売をする代行業です。

 

せどりが違法というのであれば
フリマやオークションなども全部違法になってしまい、
店頭で購入した商品は他人に譲渡してはいけないことになってしまいます。

 

現実は服であれ、家であれ、車であれ
中古商品も新品も盛んに売買がされていますよね。

 

僕らがやっている事というのは
これとなんら変わらない経済活動であり、
そこに違法性、後ろめたさを感じる必要性はありません。

 

あなたも夢があり、
次のステップに進む手段としてせどりに興味を持ってくれているのだと思います。

 

このような些細な悩みで作業や行動を止めている場合ではないので
勇気を持って未来の為に行動と決断をしていきましょう。

 

逮捕されずに安全に稼ぎまくるには‥

 

まず転売が原因で逮捕された事例や判例はない事を知って下さい。

 

確かにせどりがお店の人から嫌がられて嫌煙される事もありますが、それ自体は合法なものであり、きちんとルールに則って稼いでいくものです。

 

一つのビジネスであり、事業レベルにまで育て上げることだって可能です。

 

現に会社としてせどりビジネスに進出したり、参入したいのだがコンサルティングしてくれないかと聞かれることがあります。

 

世の中には稼げる見込みが薄いコンビニのフランチャイズビジネスなど、情報弱者を食い物にした悪質なビジネスはたくさんあります。

 

一方でせどりはきちんとやり方を学べば3ヶ月で30万を超える利益を稼げる。

会社のお給料を超えるお金をこれ一本で稼ぐことだって可能なんです。

 

逮捕が怖い方は、法律の専門家に一度せどりの違法性や危険性を相談されてみて下さい。

僕は会社を設立する時に、司法書士の先生と税理士の先生に業務内容を審査して頂き、法務局に登記をしております。

 

しっかりと事業として国からも認めてもらって取り組んでいるので、違法性、逮捕される危険はないと断言できます。

 

ネットワークビジネスや新興宗教、ブラック企業など、今は表立って裁かれていないが危険な事はたくさんあります。

 

物を仕入れて売るという商売の原則であるせどりはそういったアヤシイ類のものと比べると遥かに堅実であると言えるのではないでしょうか。

 

古物商を取れば警察公認の転売ヤーになれる

 

本格的にせどりをやるならば古物商取引という資格を取得するとより安全になります。

 

これは最寄りの警察署に電話をして担当の人とアポイントを取ればとり方から書類の書き方まで全てを教えてもらうことが出来ます。

 

古物商を取得することで警察公認の転売ヤーとして活動することが出来るので、違法性のある物(偽者、危険物、麻薬など)を売買しない限り、逮捕されることはありません。

 

せどりを否定したら世の中の商売が成り立たなくなる

 

転売を否定してしまうと世の中の小売は全部違法ということになり、物流が成立しなくなります。

 

スーパーも転売してますし、自動車販売店も転売ですし、飲食店もせどりとやっている事は大差ないです。

 

冷静に考えればせどりで逮捕などという事は有り得ないことが理解できるはずです。

 

せどりという言葉が有名になってから10年が経ちますが、僕の周りで逮捕されてしまった人が一人もいないことからも、これが堅実な商売であると言うことが出来るのではないでしょうか。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す