ブックオフでせどりが禁止されてる時の対策方法

スクリーンショット 2016-01-10 12.29.53
 

この記事の所要時間: 257

一部のブックオフで禁止されているせどり。

こういった店舗で稼ぐ事は出来ないのか、気になる人も多いと思います。

 

結論から言うと
せどり禁止のブックオフでも問題なく稼げます。

というか、せどり禁止と言っていっても
せどり行為そのものがダメなのではなくて
ビームを使ったせどりがダメなだけです。

なので、気になる商品をキーワード検索したり、
型番検索、バーコード検索して
1個1個裁量で調べればいいだけ。

 

僕はこれをガラケーを使って1個1個やっていたので
棚を見たら高いのがあるかないかはわかります。

なのでビームがなくても雰囲気を感じながら
これ良さそうだなってのを調べて行って
あとは同じ流れですね。

MRみて、分析して
利益出るなら買う。

これだけです。

 

ブックオフ以外でもせどりを禁止と言ってくるお店は
普通にありますけど、
新品のお店だとそもそもお店そのものが塩店舗であることが多いです。

なんで、せどり禁止、ビーム禁止の店と遭遇したら
柔軟に対応していくようにしましょう。

僕が兵庫でせどりした時には
店員に無線で連絡取られて、
僕がサーチしている横をずっとつけられたことがありましたw

そのお店は一般のお客さんも来てなくて
多分そのうち潰れると思います。

 

せどらーを敵視する感情は理解しますが
あそこまで排他的にやるよりも
適度に共存していくほうが売り上げも上がるし
お互いにメリットがあると思うんですどねー。

 

まぁ仕入先はブックオフに限らずいくらでもあるので、

せどり禁止と言われて怒られた所で気にする必要はないです。

 

ブックオフの中でも色んなスタンスの所があって、

僕の感覚だと直営店はせどらーをそこまで排除してこないです。

 

逆にFC店だと自分たちでAmazonやってたりするんで

嫌がったりしますね。

 

でもFCの中でも買い取りがたくさん来ている所は

自分たちだけでは在庫を捌き切れないので、

せどらー歓迎というところもあります。

 

その辺りはお店を回りながらデータベースを作って管理していくといいでしょう。

 

一度行っただけだとわからないことも、半年一年と継続して通うことで見えてきたりします。

 

品出しのタイミング、セールの頻度、

根付の癖、買い取りで集まってる商品。

 

そういったものが見えてきたら

そのお店で利益が出やすいジャンルに時間を割き、

利益が出ない分野のウェイトは落とす。

 

そしてそのお店では扱いが少ないジャンルは

別のお店でそのジャンルの買い取りが多い店を見つけて仕入れる。

 

こうすることで店舗別の得意ジャンル、不得意ジャンルをフォローできる仕組みが完成します。

 

そしてこれこそが僕が提唱するオールジャンルせどりであり、

エリアもジャンルも、中古も新品も関係なくせどりまくり分散を効かせて安定を手に入れる。

 

ここに繋がっていくわけでです。

 

なのでその仕入れの過程で一店舗、二店舗がせどりを禁止したからといって

そんなものは取るに足らない問題なのです。

 

ジャンル固定やエリア固定をしている人は自分の仕入先に対策をされたら終わります。

 

なのでこれを読んでいるあなたはそういう一瞬でダメになる軟弱な仕組みではなくて

強固な仕組みを自分のビジネスに取り入れて構築をしていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す