稼ぐ人はなぜKDC200なのか?MS910 のせどらーを見た瞬間にわかる事。知られざるビームせどりの真実

スクリーンショット 2016-01-04 22.16.47
 

この記事の所要時間: 417

今回はせどりで使う、バーコードリーダーについて
解説をします。

ここで言うバーコードリーダーは
スマホに接続して使うワイヤレス機器の事を指します。

なぜバーコードリーダーを使うのかというと
作業を効率化するためです。

一昔前はバーコードリーダーを使わずに
商品リサーチというのを店頭でやっていました。

それでも稼げていたし、
バーコードリーダーがなければないで
目利きが鍛えられて良い経験にはなります。

しかし今からせどりをやって稼ぐぞという人が
このやり方をやると間違いなく挫折をするでしょう。

目利き目利きと言っていますが、
初心者がこれ高いかな?と思って調べる商品は
十中八九ダメな商品です。

本であればまずまず1円の本でしょうね。

目利きから入るせどりを
これから取り組むべき人はいきなり目指すべきではないのです。

じゃあどうすればいいかというと、
最初は圧倒的な量をこなし
まずはせどりで稼げるんだという感覚に持っていきます。

そして、少し余力が出てきたら
考えながらリサーチというのをやっていきます。

ビーム(バーコードリーダー)を使うデメリットは
頭を使わずに機械的にバシバシ調べることが出来てしまうので
自分の中に蓄積がされないということです。

蓄積がされないとどういう事が起きるかというと
目利きが出来なくなります。

そうするとどうなるかというと
買えるお店と買えないお店が見抜けなくなるし
滞在時間が短くていいお店に長い時間をかけて、
長い時間をかけて滞在なしなければいけないお店にすぐに見切りをつけてしまうのです。

つまり蓄積ができないせどりをやっていくと
労働量が多い割にリターンがしょぼい小銭稼ぎ、赤字せどりに終わってしまうということです。

せっかくやるなら日給10万、20万をガッツリ稼いで
効率よくコスパよくやっていきたいですよね。

そのために効率化出来る事は効率化し、
しっかり時間をかけてでも頑張らないといけない所は
力を入れて取り組んでいきます。

そして商売道具にはけちらないこと。

稼いでる人の環境を聞くと
最新のiPhoneとKDC200、せどりすとプロ(プレミアム)というのが基本。

中にはサブ環境としてアンドロイドも持ってる人もいますが、
皆iPhoneにKDC200を繋いで使ってますね。

KDC200は4万円ぐらいするバーコードリーダーですが
4万円と聞いた時にひよってしまう人は稼げない人です。

だって飲食店開業しようと思ったら軽く1000万、
フランチャイズに加盟するだけでも500万とか取られる。

これ以外にもオフィスの家賃だったり
机とか椅子とか揃えたり
たくさんお金をかけないと開業や起業って出来ない。

その横でせどりをやるために必要な資金というのはいくらでしょうか?

これはいくら稼ぎたいかにもよりますが
オフラインで起業するコストの10分の1以下、
そして利益率はオフラインの何倍も良いです。

さらに一人で実践でき、
人を雇う場合でも格安でローリスクで雇える。

覚えが悪かったり、気に入らなければ
契約を打ち切ることも容易にできます。

会社であれば雇用義務というのがあるので
簡単に人を解雇したり、整理することが出来ません。

必要な資金も少なく、
利益率も良い、
そして人員管理も柔軟に出来る。

じゃあ少ない資金で起業できる分
浮いたお金はパソコンであったり、バーコードリーダーといった
道具、教えてくれる人に投資をすべきなんです。

これがほとんどの人が出来ない。

稼げてない人が選ぶバーコードリーダーとしてはMS910というのがありますが、
これはゴミです。

バーコードの識別制度が低いですし、
スキャン速度もKDC200と比べると遅い。

効率化のためにバーコードリーダーに投資をしているのに
非効率になってしまっているんです。

現場でMS910を使ってる人を見かけるのですが
僕らが仕入れ対象になる商品をスキャンしても
なぜか買わないという人が多いです。

利ざやがある商品、売れる商品は見つけられているんだけど
リスクを許容するメンタルが弱い、
稼げてないから自信が持てないんだと思います。

僕らもKDC200でバリバリスキャンしている人がいると
このお店は厳しいかなと思ってしまいますが、
MS910でスキャンしてる人が見ると
この人は稼げてない人だから焦らなくても大丈夫だなと思って見てます。

新しいことを手にしようと思うなら
犠牲と代償をちゃんと支払うことです。

今の生活を何一つ変えずに美味しいところだけ持って行くなんてことは
出来ません。

痛みを支払うから本気でコミットメントするようになるし、
犠牲を払うからそれに見合った報酬が得られるんです。

これからせどりで稼いでいくという人は
稼げる人の思考とシンクロをしていって欲しいので、
MS910のようなしょっぱい道具を使って
稼げない人とシンクロしないようにしましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す