古物市場での仕入れについて。取り扱ってる商品は?ブランド物は稼げる?

スクリーンショット 2016-02-06 13.53.23
 

この記事の所要時間: 225

ブックオフやヤマダ電機で仕入れるのが難しくなった。

こういうことを聞くと、次の穴場はどこ?と知りたくなってしまう人がいるでしょう。

真実は未だにブックオフだろうがヤマダ電機だろうが
どこでも仕入れは出来るのですが、
どうしても結果が出ない、稼げないと
裏技的なものを求めてしまうのが人間心理。

そして例えば一般人が入れない、資格が必要な仕入先であれば
儲かるのではないか?と考える人もいるでしょう。

目の付け所としては悪くないのですが、
僕がありとあらゆる手法や仕入先を経験した結果言えるのは、
店舗せどりが一番速いし、コスパいいよってこと。

もちろん古物市場で仕入れをやっても
利益を出すことは可能だと思います。

 

扱っている商品も幅広いです。

家電もあり、PC周辺機器もある、CDもある、服もある、ブランド物もある。

本も、DVDもオールジャンル扱われています。

 

ただ、1日で10万や20万を超える利益を
バカスカ出し続けられるかというと
プロによるプロのための相場なのですから
そんなに簡単に行かないことのほうが多い。

例えば先日はブランド物を転売してみたいという
初心者の方から相談を受けたのですが、
ブランド物の古物市ではトップブランドと呼ばれるブランドの品は
新参者は競りにすら参加させてもらえない。

参加させてもらえるのはコーチであるとか
イブサンローランといったような
もう少しグレードが落ちる大衆向けブランドのみ。

そしてそういった商品は意外と大きな利益を出すことが出来ず
作業量や拘束時間の長さの割に稼げないという実情が待っています。

誤解しないで欲しいのですが
古物市場や古物商を取ることを否定しているのではありません。

古物商は長くせどりをやるのであれば取るべきですし、
活用していくべきです。

ただそれを最初の段階で活用すべきかというと
もっと先にやったほうがいいことがあるんじゃない?と言いたいのです。

僕自身古物市場、古物商を取得して
買い取りをやるために会社を作った経験があります。

だからこそ古物市場、古物商を使った稼ぎ方を
教えることが出来ますし、話そうと思えば
もっと深いことも語ることが出来ます。

出し惜しみとかそういうことではなくて
これからせどり、ネットビジネスに取り組む人が
最初にやることではないという事なんです。

わざわざ好き好んで遠回りしたり
再現性のない事に取り組む必要はありません。

しっかりと再現できる余地があり
正しい努力の仕方さえ覚えてしまえば
あとはいつでも好きなときに好きなだけ稼げる状態。

この状態に達することのほうが
安心感や自由度の高い人生を過ごせると思います。

僕の古物市場に関する考え方としては
このようになります。

参考になれば嬉しいです。

 

ブランド物をAmazonで効率よく転売出来るやり方はこちら

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す