【せどり】目利きを利用した仕入れについて

 

この記事の所要時間: 244

せどりを極めていくとサーチツールを使わずに仕入れが出来るようになります。

僕であればオーラが出ている商品を棚の中から一瞬で見つけ、
「この商品を調べてみてください」と同行したお客さんにお願いすると、
「え?この商品値段高くないですか?」と驚かれます。

そして、
「どうして細野さんはこんなに大量にある商品の中から
一瞬で高い値段がついてるものを見つけられるのですか?」
と聞かれます。

それに対して僕は
「オーラです。オーラが出ている商品を見て、
それをサーチツールで見るだけです」と答えるのですが、
こういう回答をするとみな( ゚д゚)ポカーンとしていますw

オーラを見るというのはもちろん最初から出来たのではなくて、
僕自身も最初は安くないと買えない、
サーチツールを使わないと買えないという段階がありました。

そこで圧倒的な場数を踏み、
数百店舗のお店を見まくったことで
買えるエリアと買えないエリア、
活気のあるお店と、過疎ってるお店、
神店長がいるお店と塩店長が経営しているお店の違いがわかるようになりました。

今は例えば本であれば
1列の棚を見るのにかかる時間は10秒ぐらいでしょうか。

10秒ぐらいその棚を見れば
その棚に高い本があるのかないのかわかります。

古書であればオーラが出ている古書と
今となっては寿命がない古書が一瞬で見抜けます。

それをスマホを使って価格と値動きの裏付けを取り
より確実な仕入れにしていく。

こういった流れを組んでいます。

目利き仕入れは1ヶ月とか3ヶ月といった短い期間ではなかなか出来ないし、
最初は色々実験しながら失敗をすることも多いです。

でもそこを乗り越えた人だけが
古いけど確実に需要があって売れていく商品を見抜き
天文学的な利益率の恩恵を得ることが出来る様になるのです。

よく質問されるのですが
全頭サーチという、店にある商品を全部見るという手法は儲かりません。

同じことをやっている人がゴロゴロいるし
全頭サーチをやって稼いでいるという人と僕は一人として会ったことがありません。

僕は店舗に入ったらそのお店が買える店なのか
買えないお店なのか5分ぐらいでわかりますが、
目利きが出来ない人は買えないお店に時間を使って
買えるお店に時間を使わないという
謎の逆転現象でせどりをしていることが多いです。

そういった視点のズレ、歪みを治すには
僕の仕入れツアーに来てもらうしかないのですが、
仕入れツアーに来ても素直な心がないと
自分のやり方を捨てられません。

僕の仕入れツアーは参加する年齢に制限は加えていませんが
経験上、若い人のほうが素直な心で僕のやり方をマスターし
次のステップに繋げていく成功例が多いです。

僕自身も若く可能性がある人を引き上げていきたいという思いがあるので
目利きが出来る段階まで育てるのであれば
利害関係が複雑になっている人ではなく
失うものは何もなくどんどんチャレンジが出来る若い人に教えていこうかなーと思ってます。

もちろん素直な心で、自分のやり方に固執をしない、
結果が出ない古いやり方を1秒で捨てられる柔軟な心を持っているのであれば
年配の方でも来て頂いて結構です。

実際僕の所には会社をやめて
せどりと輸入を頑張ってくれている人もいますので。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す