大学生がアルバイト以外で稼ぐ具体的な方法。就職をしなくても生活の糧を得る力を身につけろ

スクリーンショット 2016-02-19 20.30.27
 

この記事の所要時間: 315

今回は大学生がアルバイトをせずに効率的にお金を稼ぐ方法について語ります。

 

文系の大学は別として理系の大学は実験にレポート作成、
さらには研究と時間的な拘束が非常に高い。

 

まあこれも世に出てみれば、忙しいと思っていた研究生活も
実務の忙しさと比べれば全然余裕だな−って感覚になるわけだけど、
学生をしている間は時間足りねーって感じてしまいますよね。

 

解決策として例えばTAといって教授の講義を手伝ったり、
大学の図書館で貸出の仕事を手伝ったり、
構内を走るバスの運転手やったりとか
負担の少ない仕事は見つけられなくはない。

でもじゃあそれでいくら稼げんのって話ですよね。

 

大学生をやりながら適度に遊ぶのであれば
月に10万とか20万ぐらいは欲しいと思います。

 

大学時代ってのは恐らく人生史上最も時間的余裕があり
モラトリアムが許され、
適度に働き、適度に働き、適度に学ぶという事が
バランスよく実践できる段階です。

 

勉強ばっかしてりゃ成功できるかって言うと
そういうわけでもないし、
遊びすぎると留年するし、
バイトし過ぎると他のこと何も出来なくて社会人と大差ない生活になってしまう。

 

勉強と遊びの非常を高めるためには
効率よく金を稼ぎ、
それを維持して回せる力を身につけなければならない。

 

ではどうすればいいのか?

 

その一つの答えが、このサイトで提案しているネットビジネスという事なんです。

 

そして僕がおすすめしているのは、せどり、サイトアフィリエイト。

 

この2つで稼げる仕組みを作り、その後就職をしたければ就職すればいいし、

就職しなくてもいいなと思えたらしなければいい。

 

在学中にここまで行けると非常に安定をします。

 

殆どの人が生活の糧を得るということを考えた時に、

他人から雇われることでしかその問題を解決できません。

 

ところが大学在学中に自分で稼げるようになると

選択肢が圧倒的に増えます。

 

そして可能であれば、就職、起業、家業継承という様々な選択肢に柔軟に対応できる状態になっておく。

 

ただ、大学生の場合は資金100万、200万スタートというのが難しいので、

原資を必要としないビジネスでお金の問題を解決するのが良いと思います。

 

幸いなことに大学生は若く、体力的には余裕があります。

 

極端な話、1日の半分を大学に費やし、残りの半分を睡眠とネットビジネスにだけ費やす生活を続けても、

生活に支障が出ません。

 

会社勤めをすると本業のパフォーマンスが落ちたり、

家族との関係が悪化したりと色々な問題が出てきます。

 

利害関係が少ない大学生であれば、こういった問題をシカトして金儲けにだけ100%集中することが出来ます。

 

なので僕のおすすめとしては大学生の間にビジネスの原理をしっかり学び、

原資を必要としないアフィリエイトなどで稼げるようになり、

そこで得たお金を使い物販を仕組み化し、

ビジネスオーナーとして従業員を雇って経営をしていく。

 

これが21世紀の進化したライフスタイルだと考えています。

20世紀の大学生にはインターネットも、今のような優れたノウハウ、

学べる環境がありませんでした。

 

今は違います。

 

ノウハウも学べる環境も全て整備されています。

 

歴史上最も容易に成功が出来る時代なんです。

 

焦らず、腐らず、やるべきことを着々とやっていきましょう。

 

もし僕からサイトアフィリエイトやせどりを学びたいという場合は連絡をしてくださいね。

では。

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す