デザイナーで仕事がないとかマジありえねーよ

 

この記事の所要時間: 18

どーも、こんにちは。

僕の所にはデザインの仕事をしている人が相談に来ることがあります。

彼らは一般人から見たら、高い技能を持っているし、
自分の世界観があるのですが、
劣悪な労働環境で働き過ぎていせいか、自分に対する自信や信頼感がとても低い。

だから僕が、
「バナーであったり、ヘッダーを作るといった簡単な作業でもビジネスとして成立するし、
お金が取れるんですよ」
って言っても、それを信じられないし、行動ができない。

僕に言わせれば稼げないデザイナーなんてのは怠慢以外の何物でもなくて
「お前仕事ないとか言っちゃってるけど、営業してねーだけじゃん」って話です。

営業しないから仕事がないのであって
自分から仕事を取りに行けば、
月収50万ぐらいで良ければ一瞬で到達をします。

それぐらい世界はデザイナーを必要としているし、
高いお金を払うに値する仕事として認知をしているのです。

そうはいっても、何も提案の仕方や足りない知識を補わずに営業をしても撃沈することは必至です。

なので、デザイナーとして食っていく上でどういったことを知っておかないといけないのか、
何が出来ないとしょっぱいのかを動画で語りました。

まずはこの動画を見て、デザイナーがいかに可能性がある分野なのか?
稼いでいくために具体的に何をしなければいけないかを知って下さい。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す