知識ゼロからのアフィリエイト基礎講座 第一回目 アフィリエイトの仕組みについて

V2Lpncvf_wmCp4W1405389694_1405389796
 

この記事の所要時間: 154

こんにちは、細野です。

今回から、全く知識がない人のための
アフィリエイト基礎講座というのを始めていきます。

1回目となる今回は、
アフィリエイトの仕組みについて解説をします。

アフィリエイトの仕組みは、シンプルで、
個人レベルで運営をしている広告代理店と思えばいいです。

電通であるとか、博報堂といった
CMや企画制作会社がありますが、
ああいった会社がやっていることを
もっと小規模でやっていると思えばいい。

構図としてはこんなイメージです。

アフィリエイトの仕組み

まず、広告主は、
自分たちの商品やサービスをもっと広げたいと思っています。

しかし、自社だけでは、リソースや技術、知識に限界があるので、
お金を払ってでも周りの人たちに手伝って欲しい。

そこで広告主は、ASPという
アフィリエイターと広告主を繋いでいる会社に連絡をします。

「うちの商品をアフィリエイターに売って欲しいんだけど、出来るかな?」

するとASPはこう言います。

「お安いご用ですよ。弊社に会員登録しているアフィリエイターに告知をして、
御社の商品を宣伝させます。」

ここからはASPの仕事。

ASPは自分の所に集まっているアフィリエイターにこう言います。

「実は今度こんな案件が来てるんだけど、売ってみない?
報酬は1件売ってくれたら500円。」

それを見たアフィリエイターは、
「OK。それじゃあ検索エンジンやSNSから集客をして、アクセスを流してみるね。」

このようにして、広告主からASPへ、
ASPからアフィリエイターへと連絡が流れ、
アフィリエイターが仕事を開始します。

アフィリエイターの仕事は、

-企画の提案
-実行
-検証

の3つに要約されると言っていいでしょう。

つまり、
サイトを作って集客を開始する(企画の提案と実行)、
そのサイトに集まったユーザーの行動を分析する(検証)
を繰り返しながら、
報酬が最大化するポイントを探っていきます。

この流れをまずは頭に入れることが大事ですので、
理解をして下さい。

これから自分たちがやる仕組みがなぜ成立するのかがわかってないと
誰のためにやっていることなのかがあやふやになってしまいますので。

次回は、代表的なアフィリエイト手法について解説をします。

また次回の講座でお会いしましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す