せどりのコツや仕入れ基準は?ランキングの許容範囲は?

 

この記事の所要時間: 145

こんにちは、細野です。

今回はせどりをする際に、
必ず抑えておかなければいけない話をします。

店頭やインターネットを使って仕入れた商品を
せどりでは主にアマゾンを使って販売をしていきます。

その際にどの商品が売れ筋で、
どの商品が死に筋なのかを把握することは
とても大事です。

死に筋商品を仕入れても売れませんし、
需要が低い商品を仕入れてしまうとなかなか商品が回転をしません。

特に資金が少ない時や、
せどりを開始したばかりの頃は
利益よりも自分が出品した商品が売ることで
モチベーションをアップさせることが大切。

小さな成功体験を積み重ねることで
幾多の挫折の危機を乗り越えていくのです。

こういった事は
実際にビジネスに取り組むことで
課題として見えてくるのですが、
商品需要や売れるまでの時間という概念を持たずに
仕入れをしてしまう人が多いようです。

僕はせどりを開始した時は
今回紹介するランキングの信者と言っても過言ではないぐらい
ランキングというものを重視してやっていました。

その結果仕入れた商品が出して30分後とかに成約したりして、
短い期間で効率的に在庫を何度も回転させることが出来たのです。

このランキングというのは
せどりを実践する人の

-資金力
-商品知識
-経験(メンタル)

によって変わってくるため
一概にこれが答えだというものはありません。

しかしこれぐらいのラインで見ていけば
大きくコケることはないよねという基準は実際にあります。

その基準を今回公開するので
まずはこの基準を暗記して
現場での仕入れ判断に活用をして下さい。

このランキングを基準に
さらに細かい相場分析をする方法も
動画を撮影して近いうちに公開をします。

今はこれぐらいのラインで見ればOKなんだぐらいの認識で
資料を見るようにして下さい。

それではどうぞ。

せどりジャンル別ランキングの見方一覧

-2014年1月11日追記-

2013年度に新品に参入をして
家電やおもちゃも扱うようになったため、
おもちゃと家電のランキング基準も追記をしました。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す